3-19

社日

雑節の一つで、生まれた土地の守護神である「産土神」を祀る日。

[AD] You can advertise on this site.

古代中国で土地の守護神、または部族の守護神、その祭祀のことを「社日」といい、社の祭を営む日のことである。中国では社の祭は時代や地域によって一様でないが、唐代には立春と立秋後の第五の戊の日をあてたという。
それに由来し、春分と秋分に最も近い戊の日で、「戊」という文字には「土」という意味があり、
春の「社日」は種まきの時期にあたり、秋の「社日」は収穫の時期にあたる。

「荊楚歳時記」には、秋分の日に牲をもって社をまつり、仲春の月よりも盛大に祝って、翌年の豊凶をも占ったと書かれている。

この日は産土神に参拝し、春には五穀豊穣の祈願として五穀の種を供えて豊作を祈願し、秋には無事に作物を収穫するための祈願として、その年の収獲に感謝する。
春の社日に酒を呑むと耳が良くなるという風習があり、これを「治聾酒(じろうしゅ)」という。

福岡県嘉穂郡では、「社日」に海辺へ出て清い海砂を持ち帰り、家の内に敷くことでは家を清める。
長野県小県郡では土地の田の神様が、春に山から里へ降り秋になると山へと帰っていくと考えられているため、「社日」には餅をついてお祝する。
京都府中郡では、朝早くから東に位置する寺やお地蔵さまにお参りし、日の出を向かえる。
その後順次に南を廻って西へ行き、日の入りを見送るという風習がある。
東九州や北九州、中部地方などでは、「社日様」は「田の神」または「作神様」といい、この両季に田の神と山の神の去来信仰と同様の伝承をもっている。

出雲の神社を歩いていると、「社日」と呼ばれる五角形の石柱が目に付く。
五角形の各面には、五柱の神名が記されている。
出雲で確認したものは「天照皇大神、大己貴命、稲倉魂命、埴安媛命、少彦名命」と書かれ、天照皇大神が正面で、その右面から上記の順で並ぶ。

「天照皇大神」は伊勢神宮に祀られている。
「大己貴命」は出雲大社に祀られている。
「稲倉魂命」は稲荷であり、全国に祀られる稲荷神社の神である。
「少彦名命」は大己貴命と供に国造りをした神で、一寸法師やコロボックルとも云われる小さな神である。
「埴安媛命」は、伊邪那美が火の神迦具土を生んで、陰所を焼き苦しんで尿をした、その尿から化身した神で、水の神が弥都波能売(貴船の神)で、土の神が埴安媛命である。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.