3月15日

京都嵯峨釈迦堂お松明。

元来、この行事は入滅したお釈迦様を荼毘(Dabi)の様子を偲ぶものとされ、境内に立てられた稲の早稲・中稲・晩稲を表した三基の大松明(2.1丈、2丈、1.9丈)が燃える炎の勢いにより、その年の稲作の豊凶を占い、同時に本堂前に並んだ十三本の高張り提灯の高低によって江戸時代には米相場、近世では株価の趨勢を判じるなど、庶民の幸せと諸々の願いを託して、五台山清涼寺の嵯峨釈迦堂で、一斉に夜8時30分に点火する。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

京都三大火祭として、大文字送り火、鞍馬の火祭と並んで受け継がれてきた春を告げる伝統行事である。

また、嵯峨大念仏狂言は、仏教の教えを広めるための宗教劇として、1279(弘安2)年にた始まったとされ、しぐさだけで、無言で演じられる。

「嵯峨大念仏狂言」は国指定重要無形民俗文化財にも指定されている。

嵯峨念仏はかわらけを皆に投げる。

京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46 清凉寺

清凉寺のGoogle Earthポインター情報
35° 1'24.79"N,135°40'27.37"E
または、
35.023553, 135.674269

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告