3月15日

京都嵯峨釈迦堂お松明。

元来、この行事は入滅したお釈迦様を荼毘(Dabi)の様子を偲ぶものとされ、境内に立てられた稲の早稲・中稲・晩稲を表した三基の大松明(2.1丈、2丈、1.9丈)が燃える炎の勢いにより、その年の稲作の豊凶を占い、同時に本堂前に並んだ十三本の高張り提灯の高低によって江戸時代には米相場、近世では株価の趨勢を判じるなど、庶民の幸せと諸々の願いを託して、五台山清涼寺の嵯峨釈迦堂で、一斉に夜8時30分に点火する。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

京都三大火祭として、大文字送り火、鞍馬の火祭と並んで受け継がれてきた春を告げる伝統行事である。

また、嵯峨大念仏狂言は、仏教の教えを広めるための宗教劇として、1279(弘安2)年にた始まったとされ、しぐさだけで、無言で演じられる。

「嵯峨大念仏狂言」は国指定重要無形民俗文化財にも指定されている。

嵯峨念仏はかわらけを皆に投げる。

京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46 清凉寺

清凉寺のGoogle Earthポインター情報
35° 1'24.79"N,135°40'27.37"E
または、
35.023553, 135.674269

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト