3月7日

消防記念日

日本の消防の任務範囲、消防責任を市町村が負うこと、消防機関の構成、などについて規定した「消防組織法(昭和22年12月23日法律第226号)」が、1948年3月7日に施行されことから、1950年2月9日に国家消防庁(現総務省消防庁)により毎年3月7日と定められた消防に関する理解と認識を深めるために制定された記念日。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

国家消防庁長官(現総務省消防庁長官)は、昭和25年2月9日に各都道府県知事に対して、消防記念日の設定に関する文書を送付した。
その中で「消防が完全に市町村の責任において運営、管理されることを規定した、他に類例を見ない程地方自治に徹した消防組織法の精神を、消防関係職員及び住民に会得せしめて、各々の責任と権利と義務において、その市町村を水火災その他の災害から保護しようとする声が起こった」と、当時の消防に寄せられた期待の大きさを述べ、消防記念日を定めることによって、3月7日を意義あらしめたいとしている。

そして、この日には、「消防に功労のあった人の表彰と消防の責任が市町村即ち市町村民にあることを自覚せしめるための弘(広)報等を行うよう」、管下各市町村に対して依頼している。

東京消防庁においては、例年消防記念日には、「東京消防庁開庁○○周年記念式」を挙行している。

式典は、国歌の吹奏ではじまり、消防殉職者の御霊に対して1分間の黙とうを捧げ、続いて、長年にわたり消防行政の発展に多大な協力をいただいた一般の方々に対して、消防行政特別協力賞を贈呈し、また、功労のあった職員に対しては、特別功労賞等を授与している。
その後、消防総監の式辞、来賓の祝辞とつづき、最後に東京消防歌を斉唱して、記念式典は終了する。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

この記事に関連する外部のサイト