on-the-time.jp

3月7日

消防記念日

日本の消防の任務範囲、消防責任を市町村が負うこと、消防機関の構成、などについて規定した「消防組織法(昭和22年12月23日法律第226号)」が、1948年3月7日に施行されことから、1950年2月9日に国家消防庁(現総務省消防庁)により毎年3月7日と定められた消防に関する理解と認識を深めるために制定された記念日。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

国家消防庁長官(現総務省消防庁長官)は、昭和25年2月9日に各都道府県知事に対して、消防記念日の設定に関する文書を送付した。
その中で「消防が完全に市町村の責任において運営、管理されることを規定した、他に類例を見ない程地方自治に徹した消防組織法の精神を、消防関係職員及び住民に会得せしめて、各々の責任と権利と義務において、その市町村を水火災その他の災害から保護しようとする声が起こった」と、当時の消防に寄せられた期待の大きさを述べ、消防記念日を定めることによって、3月7日を意義あらしめたいとしている。

そして、この日には、「消防に功労のあった人の表彰と消防の責任が市町村即ち市町村民にあることを自覚せしめるための弘(広)報等を行うよう」、管下各市町村に対して依頼している。

東京消防庁においては、例年消防記念日には、「東京消防庁開庁○○周年記念式」を挙行している。

式典は、国歌の吹奏ではじまり、消防殉職者の御霊に対して1分間の黙とうを捧げ、続いて、長年にわたり消防行政の発展に多大な協力をいただいた一般の方々に対して、消防行政特別協力賞を贈呈し、また、功労のあった職員に対しては、特別功労賞等を授与している。
その後、消防総監の式辞、来賓の祝辞とつづき、最後に東京消防歌を斉唱して、記念式典は終了する。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告