gaYa広告

3月6日

啓蟄

二十四節気の1つで、「啓」は「ひらく」「初め」「始める」の意味になり、「蟄」は「土中で冬ごもりしている蛇や虫」の意味で、土の中で縮まっていた蛇や虫(蟄)が、穴を開いて(啓いて)動き始める。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

「虫(竜蛇)が冬眠から目覚める」と言うことになる。

「啓蟄」のことを中国では「驚蟄」と書く、漢王朝6代皇帝である景帝の諱(いみな)が「啓」であり、避諱して意味も発音も似ている「驚」の字で代用したことに由来する。
唐代に入ると、啓の字を避ける必要がなくなったことから「啓蟄」に戻された。
しかし、すでに一般化していたことから、大衍暦で再び「驚蟄」に戻されている。
現在、中国では「惊蛰(insects awaken)」と書かれている。

後に、日本でも大衍暦を採用したが、「啓蟄」はののままとされた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告