on-the-time.jp

3月1日

全国火災予防運動

1927年3月7日午後6時27分に発生した京都府北西部を震源とするマグニチュードM=7.3の地震が発生し、2本の断層が出現した北丹後地震による火災被害を教訓に、啓発活動が1930年3月7日に大日本消防協会により「防火運動」として近畿地方で実施され、それが災予防思想の普及を図り、火災の発生を防止することを目的とした回網活動として、1946年GHQの指令により、東京都で「火災予防運動」が、米国の真似をして10月21日-10月27日に実施された。
1949年以降は国家消防庁の設置を受けて全国化し、「全国大火撲滅運動」と呼ばれるようになり、1953年に、消防庁が制定する全国火災予防運動実施要領に基づいて「全国火災予防運動」を実施することになった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

「全国火災予防運動」は春と秋に行われ、春は毎年3月1日-3月7日の「春の全国火災予防運動」、秋は毎年11月9日-11月15日の「秋の全国火災予防運動」が行われる。

1989年からは現在の「消防記念日を最終日とする一週間」と「119番の日を起点とする一週間」に設定された。

この活動の元になったのは、1871年10月8日から10月10日早朝までに2,000エーカー(約800ヘクタール)以上を焼き尽くし、死者250人以上、17,400以上の建造物が全焼した「Great Chicago Fire(シカゴ大火)」を記念して、1911年にNFPA(National Fire Protection Association/全米防火協会)のFMANA(Fire Marshals Association of North America/北米消防隊長協会)によって、米国で1922年にウオレン・G・ハーディング米大統領(Warren Gamaliel Harding/1865 - 1923)により、毎年10月9日が防火デー(Fire prevention day)と公式に定められ、制定された「火災予防週間(Fire prevention week)」であった。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。