3月1日

全国火災予防運動

1927年3月7日午後6時27分に発生した京都府北西部を震源とするマグニチュードM=7.3の地震が発生し、2本の断層が出現した北丹後地震による火災被害を教訓に、啓発活動が1930年3月7日に大日本消防協会により「防火運動」として近畿地方で実施され、それが災予防思想の普及を図り、火災の発生を防止することを目的とした回網活動として、1946年GHQの指令により、東京都で「火災予防運動」が、米国の真似をして10月21日-10月27日に実施された。
1949年以降は国家消防庁の設置を受けて全国化し、「全国大火撲滅運動」と呼ばれるようになり、1953年に、消防庁が制定する全国火災予防運動実施要領に基づいて「全国火災予防運動」を実施することになった。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

「全国火災予防運動」は春と秋に行われ、春は毎年3月1日-3月7日の「春の全国火災予防運動」、秋は毎年11月9日-11月15日の「秋の全国火災予防運動」が行われる。

1989年からは現在の「消防記念日を最終日とする一週間」と「119番の日を起点とする一週間」に設定された。

この活動の元になったのは、1871年10月8日から10月10日早朝までに2,000エーカー(約800ヘクタール)以上を焼き尽くし、死者250人以上、17,400以上の建造物が全焼した「Great Chicago Fire(シカゴ大火)」を記念して、1911年にNFPA(National Fire Protection Association/全米防火協会)のFMANA(Fire Marshals Association of North America/北米消防隊長協会)によって、米国で1922年にウオレン・G・ハーディング米大統領(Warren Gamaliel Harding/1865 - 1923)により、毎年10月9日が防火デー(Fire prevention day)と公式に定められ、制定された「火災予防週間(Fire prevention week)」であった。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。