2010-02-24

アナリストは2010年にiPadsが220万と予測!?

どこまで信用できるか?
昨年のアナリスト予測は完全に裏切った。

Mac Observerは、バーンスタイン・リサーチ(Bernstein Research)のアナリストであるトニー・サコナッチ(Toni Sacconaghi)が、AAPLのために2010年度と2011年の予測をブログに投稿したと報告した。

iPhoneの販売でより高いミックスに移行するとき、プライマリ変更理由は、Apple社の粗利益上げる圧力とみなすことであった。

また彼は、Apple社は2010年に220万台のiPadsを販売して、2011年に別途680万台を販売すると予測した。

アナリストは、Apple社の粗利益が約58%であると予測し、総合的な粗利益は約40%で仕事を始めた。Apple社の収入の30%は、ここいくつかの四半期の間にiPhoneからあると予測している。

彼は、iPhoneの販売が45-50%の収入を占めて、Apple社の総合的な粗利益を押し上げると予測し、したがって、最大400〜5001/100%(4-5%)の収益を上昇させると予測している。

全体的に見て、彼は、Apple社が2011年度に2009年度に販売した2070万ユニットの2倍以上、最大4500万〜5000万ユニットのiPhoneを販売すると予想した。

また、iPadは彼の予測で初めて計算されているが、増加予測の一部であった。

水曜日の日中取引でAAPLのシェアは、株はUS$200.09で取り引きされ、適度のボリュームでUS$3.031(+1.54%)の獲得で、より高い状態に移行した。

Related Dates