2010-02-24

メキシコのジャーナリストは2009年に、攻撃が183あり、13人が殺された。

ロサンゼルス・タイムズ(LA Times/Los Angeles Times) Blogは、スペインのCEPET(Center for Journalism and Public Ethics)がメキシコのジャーナリストの権利に関するレポート「Presenta CEPET el informe 2009 sobre el estado de la libertad de expresión en México」を発表し、2009年にメキシコでジャーナリストへの攻撃が183件あり、13人が殺されたと報告した。

CEPETのレポートによれば、攻撃が2008年より10%増加した。

研究調査で、その攻撃の内容は、脅威、専断的な誘拐拘留、威嚇、負傷と抹殺を含んでいると書かれている。

2009年のジャーナリストに対する暴力で最も大きい増加は、アメリカ人の独立系ジャーナリストであったブラッド・ウィル(Brad Will)が2006年に政治的不安定を取材していて、殺されたオアハカ(Oaxaca)州の状態になっていると書かれている。

レポートは、2009年1月のモントレーのテレビスタ放送局(Televisa station in Monterrey)に対する手榴弾襲撃のように、メディア施設に対して攻撃を含んでいる。

マスコミ監視組織は、メキシコのジャーナリストが不正と麻薬の売人関連の件に関して報告するために、政治家か組織犯罪から威嚇か乱暴な報復にしばしば直面していると言っている。

以前、La Plazaはニューヨークを拠点とする委員会による、10年間に32人のレポーターとエディタがメキシコで殺されたと言う研究調査を「Protect Journalists」に報告している。

Related Dates