2010-02-12

フランスの全国紙「Le Figaro」が、新しい有料コンテンツ戦略を公開。

イギリスのnewmediaage(nma.co.uk)は、フランスの全国紙「Le Figaro(フィガロ)」が、コンテンツに課金するのをどう計画するかに関する詳細を明らかにしたが、Webサイトのニュース部分「lefiaro.fr」は無料で残ると言っていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

オンライン・アーカイブへのアクセス、毎朝フランス語と午前3時から利用可能な新聞のデジタル・バージョンへのアクセスに、最善なニューヨークタイムズから翻訳されたニュースに加え、最も忠誠な読者からニュースレターなどのサービスを提供することによって収入を上げることを計画している。

代価を払うシステムは、特徴は3年前に始められました「Le Figaro」の「Mon Figaro」を中心に建て、サイトを見るとき、ユーザーがそれら自身のプロフィールと個人化された特徴を作成することを許容している。

事実上、購読パッケージまでサインするものは、ソーシャルネットワークを作成して「Mon Figaro」メンバーに接点を持つことができる。

新聞は、
接触は自由だが、ユーザーが申し込みをする必要がる「Mon Figaro Connect」
1カ月8ユーロか1年間79ユーロの「Mon Figaro Select」
1カ月15ユーロか1年間149ユーロの「Mon Figaro Business」の3種類のパッケージを提供している。

また、イギリスの新聞が、どう自己のオンライン人気を利益に変えることができるかを見るとき、「paywall(有料の壁)」の導入がはじまった。

「The Sun」と「The Times」の所有者ルパート・マードック(Rupert Murdoch)は、無料でオンライン・コンテンツを漏らすのを止めると誓った。

「Le Figaro」はドイツの新聞、「Berliner Morgenpost」と「Hamburger Abendblatt」に続いた新しい有料システムになったと報告している。

単純に有料化できない。
この難しさが、何が最前かという実験になるが、その結果は最悪になる可能性まで含んでいる。

フランスの新聞が苦しんでいることが表面化したのは2004年だから、もう6年間になる。
何がベストか?

「Le Figaro」が選んだ方法は、読者が新聞で自己表現できる環境の提供であった。
フランスらしいが、成功するかどうかは、まだ誰にも判らない。

ルパート・マードックの考え方は古いが、正当のようにも感じる。
しかし、確実に読者は減る。

読者を減らした新聞に将来性はあるのか?

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE