2010年02月11日

中国の書き初めは凄い!

中国新聞網は、四川省南充市の書道家の何文軍が2010年02月11日に、長さが3.8m、重さが5万4000gの毛筆に墨を付けて、四川省南充市南部県五霊郷に住む「虎」という姓の一族の前で20.10m、幅5mの真っ白な絹織物の上に、巨大な「虎」の字を揮毫したと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

そして、多くの青少年に98の「虎」を書かせ、その一族にプレゼントし、新春の慶び伝えたと報告した。

もの凄い!
でもこれを今後どうするのか?

中国の春節は、いろいろなイベントが行われる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する外部のサイト