gaYa広告

2010年02月11日

作られた広告情報が好かれない理由。

ファッション

AdAgeは、ANA(Association of National Advertisers/全米広告協会)の年に一度の「TV & Everything Video Forum」が開催され、押しつけがましいコマーシャル・メッセージに対して、次々とスピーカーが拒否反応を表明したことから、「Don't Like Product Placement? Here's Why It's Your Fault(プロダクト・プレイスメントが好かれないのか?ここにその理由がある)」を公開した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

コマーシャルから番組の内容への動きは個々にとられて、楽しみのようで、新しく、面白くささえあった。
しかし、広告主に支払うことによるショーの外観パレードは、一緒にファッションに置かれて、より悪質な意見を引き受けた。

コマーシャルと内容が同一視され、互いからまったく見分けがつかなくなっていることは、より明らかではなかった。

次はどこへ向かうのか?
多くの意見をまとめると、

1)テレビ・ビジネスにおける不況と変化によってかき乱された放送局は、壊れさえし、それら自身の規則の多くまで変更した。
2)広告主は、ゲーム広告ブレークのトライで、うんざりした。
3)自分達以外の悪い人はだれもない。広告が嫌いであると言いきった。
多くが、「アメリカン・アイドル」「24」または「クローザー」が好きであると言った。

それでも、広告が比較的最小のコストのためにそれらのショーを見させる主要な理由であるという事実を無視したと報告している。

つまり、広告があるから放送ができるという放送局の弁明は、もう誰も認めなくなり始めている。

この傾向は、テレビの存続を認めなくなり始めたのかもしれない。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。