on-the-time.jp

2010年02月12日

CitizensideとMetro Internationalが提携した。

Editors WeblogはRTLからの情報として、パリを拠点とする市民フォトジャーナリズム・エージェンシー「Citizenside」が市民報告のための新しいWebサイトを始めることを目的に、世界最大のフリーペーパー「Metro International」とパートナー契約をしたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この提携により、読者は新しいWebサイト「MetroReporter」で報道写真とビデオをアップロードして、共有できるようになる。

ただし、掲示される前に、すべてのデータがエディタによって診断される。

もし、そのデータが新聞か「Metro International」で利用されると、Euro10からEuro70の間でお金が支払われる。

ただし、事前に無料で「MetroReporter)」のメンバーになる必要があり、「Metro International」は定期的にユーザーのデータを購入して、発行するのに同意した。

これは、国際公開には定期的にユーザー生成型のコンテンツが無料であるという考えではなく、聴衆がむしろコンテンツに支払うことを計画している意味になる。

「MetroReporter)」はすでにトラフィックが高い、MetroFranceサイトの一部で開始した。

これはフランスで始められた試験計画で、今後、同様のサイトを7つの他国でも確立することが計画されている。

また、Citizensideは最近、フランスの放送局RTLとのパートナーシップを形成し、Témoins RTL (RTL Witnesses)を開始している。

このサイトでも、ユーザーが写真とビデオをアップロードできて、他の報道機関がそれらを購入したいなら、RTLはイメージを売って、次に、クリエイターに支払うことになる。

このサイトは、geo-location を利用し、居住地を提供したユーザーは、近くで起こっている出来事に関してメールで情報を受けることができる。

よく考えられたシステムで、今後このようなサービスは増えることだろう。
もっとも、日本のマスコミは、そこで働く人間が最高で、一般市民はそれを読んでいればよいと言う考えのようで、先日も読売新聞に元いた記者が、弁当箱の角をつついて私を攻撃してきた。

残念ながら、古い過去の記者の考えには付き合っていられない。
さすが、元警察官僚が買収した読売新聞と感心した次第である。

読売新聞を読んでいる人もその仲間なのだろう。
記事内容より巨人軍?!

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

gaYa広告