2010年02月11日

「ワイルドになる少女(Girls Gone Wild)」の広告は禁止されるだろう。

米国テネシー州の新聞「Tennessean」は、半分裸の若い女性を見せている深夜のテレビ広告を禁止する提案は、再び上院に提出されたと報告している。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ディックソン地区(Dickson failed)のダグ・ジャクソン(Doug Jackson)民主党上院議員によって提出された、前回の2つの法律は、制定議会で失敗している。

しかし、今回は火曜日の上院商務委員会を8-0で通過した。

約2年前にも上院を満場一致して通過したが、同じ年の下院小委員会で否決された後で消え失せている。

ダグ・ジャクソン民主党上院議員は、若い少女が性的に衣服を脱ぐのを演じているビデオ「Girls Gone Wild」の広告を見たとき、新しい提案を考えたと言っている。

ただし、AfAgeは2008年07月02日に、雑誌業界は「Girls Gone Wild」を誇りに思うだろうといっている。
つまり、Curtis Circulation Co.が作ったUS$9.99のDVD「Girls Gone Wild」は、18歳から35歳を対象にフランチャイズされ、雑誌をはじめ、あらゆる方面に拡大していると報告している。
それと同時に問題も拡大していった。

つまり、米国で少女達をはじけさせる原因を作ったUS$9.99のDVD「Girls Gone Wild」は、どんどん拡散していった。
それと同時に、大人達が追いかけて潰しに掛かっている。
何となくソーシャル・ネットワーキング・サービスににている。

そういえば、米国では少女の方がドラッグ中毒が多いというレポートもあった。

話しは180度違うが、私もアフリカで採取されるハチミツを「Wild Haney」として、売り出そうと考えていたが---
このアフリカ蜜蜂(African wild honey bee/African Honey Bee)は、刺されると死ぬこともあると言われ、殺人蜂(Killer Bee)ろもいわれ、世界で危険な昆虫に含まれている。

今、米国にもアフリカ蜜蜂が繁殖し、社会問題化している。
そのアフリカ蜜蜂のハチミツを食べてみたい!という人も確実に増えている。
どのように拡大しているかをNASAでも追跡している。

Name: Africanized Honey Bee (Killer Bee)
Order: Hymenoptera (Bees and Ants)
Family: Apidae (Bees and Allies)
Scientific name: Apis mellifera scutellata

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。