2010年02月11日

グリーンランドの古代人はアジア系だった!?

超過去

AFPは、グリーンランド西部のサッカク文化(Saqqaq culture)の永久凍土で見つかった約4000年前の男性の髪のDNAを分析し、ゲノム(全遺伝情報)の約80%を解読したと、デンマークのコペンハーゲン大(University of Copenhagen)などの研究チームが2010年02月10日発表したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この研究チームは、自然史博物館(Natural History Museum)のCentre of Excellence in GeoGenetics、デンマークのコペンハーゲン大(University of Copenhagen)の38歳になるエスケ・ウィスラー教授(Professor Eske Willerslev)と博士課程の学生モーテン・ラスムセン(Morten Rasmussen)を中心に、国際的な科学者のチームを率いて実施された。

その詳細は2010年02月11日のイギリスの学誌「ネイチャー(Nature)」に掲載される。

エスケ・ウィスラー教授は、2009年にマンモスと古代人の完全なミトコンドリア・ゲノムを再建したとき、国際的な注目を集めた。

古代人の遺伝情報を解読したのは初めてで、「Inuk(グリーンランド語で「男性」か「人間」の意味)」と名付けられたこの男性の肌の色や髪の毛の厚さも再現した想像図が公開された。

血液のタイプなどから、男性に最も似ているのはロシア極東地域などに住むチュクチ(Chukchi)人、コリヤーク(Koryak)人などのアジア系民族であることがわかった。約5500年前、シベリアからグリーンランドへの移住が行われたとみられる。

なぜ、温暖な南部ではなく、寒冷なグリーンランドへ向かったのかという点について、研究者は、居住に適した土地は既に他民族に占領されていたか、または極寒には慣れていたのではないかと話している。

今回の再現画像は、ノク・ゴデツフレーデン(Nuka Godtfredsen)が描いた。
乾いた耳垢、茶色の目、浅黒い肌、血液型A+、シャベル形をしている前歯、そして、低い温度に遺伝学的に適合させられて、広がることにで特定の疾病をし向けた。

Key collaborators:

Anders Krogh's bioinformatics group, University of Copenhagen, Denmark
Søren Brunak and Thomas Sicheritz-Ponten's bioinformatics groups, Technical University of Denmark
Rasmus Nielsen's evolution group, University of California, Berkeley, US
Richard Villem's genetic anthropology group, Latvia
Toomas Kivisild's genetic anthropology group, Cambridge, UK
Jun Wang's sequencing centre, BGI, China
Bjarne Grønnow, National Museum of Denmark, Denmark
Claus Andreasen, Greenland National Museum and Archives, Greenland

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。