on-the-time.jp

2010年02月11日

司会者の玉置宏が死去した。

人物

テレビ番組の司会者で、「1週間のごぶさたでした」という名文句で知られた玉置宏(本名:宏行Tamaoki Hiroshi/1934 - 2010)が午前10時33分に、脳幹出血のため死去した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

1956年に文化放送にアナウンサーとして入社したが、三橋美智也の勧めで1958年にフリーに転身した。
1958年から1977年までTBSで放送された人気歌謡番組「ロッテ 歌のアルバム」や1967年からNET(現:テレビ朝日)で放送された「象印スターものまね大合戦」で司会を務め、定番となった「1週間のごぶさたでした」のあいさつで人気を集めた。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告