2010-02-11

NASA、LWS(Living with a Star)プログラム初の衛星SDO打ち上げ。

NASAは2010年02月10日に、SDO(Solar Dynamics Observatory/太陽観測望遠鏡)を2010年02月11日午前10時23分にCape Canaveral Air Force StationのLaunch Complex 41 から、United Launch AllianceのAtlas Vで打ち上げられると発表した。

[AD] You can advertise on this site.

SDOは、NASA初のLWS(Living with a Star/星と同居する)衛星で、SDOは静止軌道から、器具を太陽に向け、太陽の中からの情報を集め、磁場活動を測定して、絶えず解像度の高い像を取ることによって、太陽の内側の活動を明らかにすると予想される革新的な研究を行う。

このデータは、研究者に、地球軌道上の宇宙船、国際宇宙ステーションの宇宙飛行士と、電子器機など、他のシステムに影響を及ぼす可能性がある太陽の嵐と太陽の他の活動で必要とすることを洞察し、予測することになっている。

大きなロケットで、人間を宇宙に送り出すなど大きなプロジェクトばかりが注目されているが、実はこのような小さなプロジェクトが非常に重要な情報を集めてくる。

大きなプロジェクトのバックボーンとして、このような目に見えにくい支援があるからこそ安全に作業ができる。
時には、派手なプロジェクトより重要なことも発見している。

NASAは新しい眼として、2010年02月11日にNASA初のLWS(Living with a Star/星と同居する)衛星SDOが午前10時23分にCape Canaveral Air Force StationのLaunch Complex 41から、United Launch AllianceのAtlas Vで打ち上げられ、成功したと報告した。

Cape Canaveral Air Force StationのLaunch Complex 41のGoogle Earthポインター情報
28°35'0.55"N,80°34'58.30"W
または、
28.583486, -80.582861

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.