2月17日

伊勢神宮祈年祭

「としごいのまつり」ともいい、近世までは毎年陰暦2月12日に行われていたが、稲だけでなく五穀の豊穣と国の繁栄、そして皇室の安泰や国民の幸福なども祈願され、宮中の賢所(かしこどころ)においても祭具が行われ、天皇が御親拝になられる神道の祭祀である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

元々は律令国家の恒例祭祀の一つで、7世紀後半の天武天皇の時代にはすでに行われていた記録があり、日本古来から行われてきた春の農耕儀礼に、中国の大祀祈殻の要素を取り入れて、律令国家祭祀となったと言われる。
「延喜式」の中に斎宮についての式、つまり法文集成があり、斎宮についての基本資料となっている。
さらにその中に、斎宮の置かれた多気郡と、伊勢神宮のある度会郡の神社についての記述があり、「延喜式」の中には、これとは別に通称「神名帳」と呼ばれる全国神社一覧があり、当時朝廷が掌握していた全国の神社、通称「官社」が書き上げられている。

伊勢神宮では、外宮と内宮でそれぞれ行われ、このお祭りは2つのお祭りから成っている。
ひとつは神饌をお供えして、豊作と平和をお祈りする大御饌の儀で、、もうひとつは皇室から勅使(ちょくし)が参向して奉仕される奉幣(ほうへい)の儀である。

祈年祭はこの2月17日で終わりではなく、2月23日までの1週間にわたって、別宮、摂社、末社合わせて125社で祈年祭のお祭りが執り行わる。

伊勢神宮のGoogle Earthポインター情報
34°27'18.04"N,136°43'32.85"E
または、
34.455011, 136.725792

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。