gaYa広告

2月17日

伊勢神宮祈年祭

「としごいのまつり」ともいい、近世までは毎年陰暦2月12日に行われていたが、稲だけでなく五穀の豊穣と国の繁栄、そして皇室の安泰や国民の幸福なども祈願され、宮中の賢所(かしこどころ)においても祭具が行われ、天皇が御親拝になられる神道の祭祀である。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

元々は律令国家の恒例祭祀の一つで、7世紀後半の天武天皇の時代にはすでに行われていた記録があり、日本古来から行われてきた春の農耕儀礼に、中国の大祀祈殻の要素を取り入れて、律令国家祭祀となったと言われる。
「延喜式」の中に斎宮についての式、つまり法文集成があり、斎宮についての基本資料となっている。
さらにその中に、斎宮の置かれた多気郡と、伊勢神宮のある度会郡の神社についての記述があり、「延喜式」の中には、これとは別に通称「神名帳」と呼ばれる全国神社一覧があり、当時朝廷が掌握していた全国の神社、通称「官社」が書き上げられている。

伊勢神宮では、外宮と内宮でそれぞれ行われ、このお祭りは2つのお祭りから成っている。
ひとつは神饌をお供えして、豊作と平和をお祈りする大御饌の儀で、、もうひとつは皇室から勅使(ちょくし)が参向して奉仕される奉幣(ほうへい)の儀である。

祈年祭はこの2月17日で終わりではなく、2月23日までの1週間にわたって、別宮、摂社、末社合わせて125社で祈年祭のお祭りが執り行わる。

伊勢神宮のGoogle Earthポインター情報
34°27'18.04"N,136°43'32.85"E
または、
34.455011, 136.725792

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。