gaYa広告

2月11日

建国記念日

「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966年4月6日の祝日法改正により、追加された国民の祝日。
1967年から、「建国記念日」が適用された。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

当時、これは戦前の「紀元節」を復活のではないかと、社会党の強烈な反対により国会でこの祝日の日付を決めることができなかった。

そのため国会では「日程は別途政令で定める」ということにされ、他の祝日が祝日法に日付を定めているのに対し、建国記念の日は「政令と定め、佐藤内閣が建国記念の日となる日を「政令(昭和41年政令第376号)で定める日」と定め、「建国記念の日は、02月21日」とした。02月11日という日付は、明治時代の初期[1]に定められ1948年(昭和23年)に廃止された「紀元節」と同じで、結局は噂通り、戦前の「紀元節」の日取りである2月11日になった。

神武天皇が即位した日を日本の建国された日として祝うことになった。
この02月11日という日付が出てきたのは、日本書紀には神武天皇が正月元旦(辛酉年春正月庚辰朔)に橿原に宮を建てたと書かれているので、建国記念日は本来、お正月に祝うべきあった。¥

ところが明治時代に何でも過去の記念日を西洋の暦に換算することが流行り、日本書紀の日付全般は、水戸家の「大日本史」編集員藤田一正の計算により、推古天皇以前の時代の日付について、元嘉暦がずっと過去にも
行われていたと仮定して作成されていることが確かめられ、その計算に基づいて、神武天皇元年の元旦(紀元前660年01月01日)が西洋の暦でいつに相当するかというのを新暦(グレゴリオ暦)で計算したら、BC660年の02月11日になった。

この祝日は明治06年10月に制定されたが、この当時かなりの混乱があり、明治の新暦改訂は明治06年からで、明治05年12月02日の翌日を明治06年01月01日にして、その後は西洋のグレゴリウス暦によりもとづく暦が行われたが、この唐突な暦の改訂に対しては物凄い反発があり、新暦が公布されたのが11月09日で、告知が来たのが、もう明治6年01月01日が過ぎた後であった。

ところが明治06年01月29日に朔が来ると、宮中では神武天皇即位の記念の祭典が行われ、それに合わせて民間でもこれを祝う行事が行われた。
これはつまり旧正月であり、民間では、西洋の圧力で暦を導入したが、今までの正月を大事にしてくれていたという勝手な解釈が行われてしまった。
政府も実際にこの日が来てみて国民の反応を見て初めて慌てた。
明治06年の改暦自体が、多種あった改暦の意見を全て無視して、政府の一部の首脳の決断により唐突に実施され、あまり深く考えたものではなかったことが明らかになった。

しかし、このまま毎年旧正月に神武天皇の即位のお祭りをやっていては、国民の誰もが、これこそ「本当の正月」とみなして、誰も西洋式の正月を受け入れてくれなくなる、と危機感を持った政府は、急遽このお祭りを新暦に換算して、それに基づいて新暦の特定の日付に固定しようと考えた。
そこで計算の根拠が極めて曖昧なままになった。

つまり、「紀元節」というのは、新暦改訂の歪みから発生した祝日であったという説がある。

神武天皇陵は、周囲100m、高さ5.5mの八稜円形の御陵で、古事記には「御陵は畝火山の北の方の白檮の尾の上にあり」とあるが、ここを神武天皇の御陵と定めたのは幕末の1863年(文久3年)のことで、橿原神宮の北側にある。

いかにも日本の建国記念日らしい祝日であった。

神武天皇陵のGoogle Earthポインター情報
34°29'50.88"N,135°47'16.72"E
または、
34.497467, 135.787978

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。