gaYa広告

2月8日

針供養

折れた縫い針を供養し、近くの神社に収める行事。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

12月8日と2月8日は、「事八日」「八日節供」とも言うが、この日は、様々な妖怪が姿を現す日とも言われ、人々は外出を避け、軒先に魔除けのお呪いをしたりして過ごした。
「針供養」をするが、これは仕事を休んで正月に向けての物忌みをすると共に、この日に現れるので有名な妖怪がが一つ目小僧で、それを防ぐために、中部や関東地方の一部ではこの妖怪「一つ目小僧」が目の沢山ある物を嫌うから、目の数でこれに対抗しようとして、茱萸(ぐみ)の木を燃やして臭いを立て、門や屋根に目籠を竿高々と掲げたりし、目が一つの「針」を使わずに「一つ目小僧」の妖怪を鎮めるのにも関係している。

最近では、折れた針を神社に納めたり、豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺したりすることで供養し、裁縫の上達を祈っているが、最近は、水木しげるのおかげで妖怪を楽しむようになっているが、昔は恐ろしい物であった。
最近のもっとも恐ろしい妖怪は、女性かもしれず、女性を休ませるために「針供養」が行われているのかもしれない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト