on-the-time.jp

2月8日

針供養

折れた縫い針を供養し、近くの神社に収める行事。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

12月8日と2月8日は、「事八日」「八日節供」とも言うが、この日は、様々な妖怪が姿を現す日とも言われ、人々は外出を避け、軒先に魔除けのお呪いをしたりして過ごした。
「針供養」をするが、これは仕事を休んで正月に向けての物忌みをすると共に、この日に現れるので有名な妖怪がが一つ目小僧で、それを防ぐために、中部や関東地方の一部ではこの妖怪「一つ目小僧」が目の沢山ある物を嫌うから、目の数でこれに対抗しようとして、茱萸(ぐみ)の木を燃やして臭いを立て、門や屋根に目籠を竿高々と掲げたりし、目が一つの「針」を使わずに「一つ目小僧」の妖怪を鎮めるのにも関係している。

最近では、折れた針を神社に納めたり、豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺したりすることで供養し、裁縫の上達を祈っているが、最近は、水木しげるのおかげで妖怪を楽しむようになっているが、昔は恐ろしい物であった。
最近のもっとも恐ろしい妖怪は、女性かもしれず、女性を休ませるために「針供養」が行われているのかもしれない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト