on-the-time.jp

2-8

針供養

折れた縫い針を供養し、近くの神社に収める行事。

[AD] You can advertise on this site.

12月8日と2月8日は、「事八日」「八日節供」とも言うが、この日は、様々な妖怪が姿を現す日とも言われ、人々は外出を避け、軒先に魔除けのお呪いをしたりして過ごした。
「針供養」をするが、これは仕事を休んで正月に向けての物忌みをすると共に、この日に現れるので有名な妖怪がが一つ目小僧で、それを防ぐために、中部や関東地方の一部ではこの妖怪「一つ目小僧」が目の沢山ある物を嫌うから、目の数でこれに対抗しようとして、茱萸(ぐみ)の木を燃やして臭いを立て、門や屋根に目籠を竿高々と掲げたりし、目が一つの「針」を使わずに「一つ目小僧」の妖怪を鎮めるのにも関係している。

最近では、折れた針を神社に納めたり、豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺したりすることで供養し、裁縫の上達を祈っているが、最近は、水木しげるのおかげで妖怪を楽しむようになっているが、昔は恐ろしい物であった。
最近のもっとも恐ろしい妖怪は、女性かもしれず、女性を休ませるために「針供養」が行われているのかもしれない。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE