8-14

奈良春日大社中元万灯籠

約800年昔から行われて来た行事で境内にある3000基の境内にある灯籠は、昔から今日に至るまで、藤原氏をはじめ、広く一般国民から奉納された。

灯籠には、あらかじめ崇敬者のに願いを書いていた和紙が貼ってあり、万灯籠の日に参列した人が浄火を入れ、昔は油料の続く限り毎晩点燈され、雨乞祈願には万燈が行われた記録がある。

この灯籠を毎晩点灯するのは、相当大変な作業であったことから、明治時代になると、人員不足と油料が途絶え毎夜の点灯が不可能になり、近年は年2回、2月の節分と8月のお盆の14日、15日時期に行われるようになった。

2月を節分万灯籠と呼び、
8月を中元万灯籠と呼ぶ。
万燈籠、萬燈籠、万灯籠、万灯篭、萬灯籠、萬灯篭とも表記される。

8月は舞楽の奉納が本殿の前で行われ、そのあと、本殿にお参りするが、その頃になると日が暮れて灯籠が、浮かびあがって幻想的になる。

奈良春日大社のGoogle Earthポインター情報
34°40'53.77"N,135°50'54.27"E
または、
34.681603, 135.848408

Related Dates