on-the-time.jp

2010年01月21日

さて、AppleとNokiaは、どう山分けするか!?

Fortune Brainstorm Techは、Philip Elmer-DeWittによる「How Apple and Nokia divvy up the world」を公開し、「北と南」「東と西」「最初の世界、第2世界、および3番目」そんなのは忘れてください。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

昨年遅くGoogleによって買収されたモバイル広告会社AdMobによると、スマートフォン用法で世界はアップル(Apple)とノキア(Nokia)の2つの部品に少なくとも分割される。

アップルは北米、オーストラリア、そして、西洋のヨーロッパの市場を支配している。
ノキアのシンビアンは、アフリカとアジアで最も人気があるオペレーティングシステムであり、重要な市場に東欧とラテンアメリカを分担させ続けている。

しかし、AdMobがそれらを測定するとき、数はアップルの好意に傾いている。

ノキアのシェアは2008年第4四半期の33%から、2009年第4四半期に18%に低下し、アップルは2008年第4四半期の9%から、2009年第4四半期に36%まで増加しました。

おいおい、昨年遅くAdMobを買収したご主人様、GoogleのAndroidはどうなった?

これからと言うことでしょう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。