gaYa広告

2010年01月21日

YouTubeが、映画レンタル・ビジネス路線に変更!?

オンライン・ショップ

BBC Newsは、動画配信サイトYouTubeが映画のオンライン・レンタル・ビジネスの第一歩を踏み出したと報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

サービスは2010年01月22日から開始した。

以前から感じていたことで、あれだけ映画の予告編が多く登録されているのに、なぜ?レンタル・ビデオを始めないのか不思議だった。

とくにオンライン・ビデオ・レンタルなら、それほど難しいことはないはずで、もしそれに問題があるなら世界展開しているビデオ・レンタル・ショップと提携すればすぐにでも始められると思っていた。

日本のTSUTAYAなども、なぜこの法式を考えないのか不思議でならなかった。

YouTubeでは最初のサービスとして5種類の映画だけをレンタル開始する。

その映画は、2009年と2010年のサンダンス映画祭(Sundance Film Festival)から来て、米国国内だけのサービスになる。

YouTubeは、収入の一部を受け取り、コンテンツ・プロバイダはそれらの価格を設定できるようになる。

最初の段階では、US$3.99で48時間Sundance Film Festivalの映画を自由に見ることが可能になる。

業界の内部報告者は、オンライン・レンタルへのこの第一歩は、より野心満々のペイ・パー・ヴュー方式のプランのために前座として始められると報告していうる。

近い将来サイトが主要なスタジオからのテレビ番組と主演映画のレンタル・カタログとして拡大されることが予測されている。

YouTubeではすでに、Metro-Goldwyn-Mayerのアーカイブを提供した経験がある。

このような同様の取引が毎週、何カ月も現れて、より新しい映画に達すると予想されている。

アナリストは、ペイ・パー・ヴュー方式の映画提供はAppleのiTunes、Amazon.com、Microsoft社のXBox Liveを含んだ他のサービスとの直接競争として、YouTubeが参入したと指摘している。

サンダンス映画祭ha2010年01月31日まで開催されている。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。