2010-01-15

ドイツのネット警察、IEの重大な「欠点」を警告!

Deutsche Welleは、BSI(Bundesamt für Sicherheit in der Informationstechnik/Office for Information Security/連邦情報セキュリティ)が、Microsoft社のInternet Explorer (インターネット・エクスプローラー/IE)を使用しないように警報を出したと報告した。

状況報告は、IE弱点でGoogleに対するサイバー攻撃が継続的に可能な状態なっている。

BSIは、WindowsオペレーティングシステムがMicrosoft社のWebブラウザInternet Explorerでセキュリティ相違の結果、危険であると言った。

BSIは、プログラムにおけるこの欠点で、ハッカーが最近検索エンジンGoogleと他の米国会社でサイバー攻撃を行うことができた理由であったかもしれないと言った。

BSIはWebサイトで、「弱点で、サイバーテロが始まって、Windowsオペレーティングシステムを持っているコンピュータをロックすることが可能になります。」と声明で言っている。

Googleは火曜日に、中国を拠点とするサイバースパイの攻撃が「非常に洗練されている」と記述して、インターネットを攻撃し、世界中の人権保護運動家のメール・アカウントにハックすることを拡大すると言った。

BSIは、Windows XP、Windows Vista、およびWindows7で、Internet Explorer 6、7、および8を使用しないように推薦した。

Microsoft社は声明で、セキュリティ相違によってもたらされた損害が制限され、問題を修正するために一連のパッチに働いていたと言った。

この欠点は当然、全世界レベルであり、全世界で最新セキュリティをバージョンアップすべきだろう。

Micoroft社の場合、以前から指摘されていたこととして、買収で大きくなったことから、社員同士の意思疎通のバランスが悪く、整合性が取れないのではないかと言われてきた。

しかし、とんでもないことになった。