on-the-time.jp

2010年01月14日

全米市民的自由連合は電子検索捜査について詳しく暴露した。

Tech Daily Doseは、ACLU(American Civil Liberties Union/全米市民的自由連合)が、訴訟が起こっている情報の自由法が判明した木曜日に、国家安全保障省の税関国境警備局エージェンシー(Department of Homeland Security's Customs and Border Protection agency)が1,500台以上のコンピュータか携帯電話と、彼らが米国空港に入ったとき、国際的な旅行者のものである他の電子装置か他の境界ポストを捜したと言いったと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

その電子検索捜査は2008年10月、2009年6月の間に行われた。

グループは税関吏がどんな特定の悪行も疑わずに、コンピュータと他の装置を捜すことができる政策を詳しく暴露した。

ACLU常勤弁護士キャサリン・クランプ(Catherine Crump)はニュースリリースで、
「これらのドキュメントは、何千人もの旅行者の黙秘権が危険な状態に置かれて、CBPの政策によって違反されたのを示しています。」
「少しも容疑なしで米国の国境を通り抜けたなら、だれかれなしに顧客ファイルを取って見た。CBPの性能は旅行者に不便を提示するだけではなく、ラップトップと携帯電話に一般的に格納される機密の個人情報を保護もしません。」
と書いている。

またACLUは、訴訟で入手されたドキュメントが、税関吏は約300回第三者エージェンシーに電子ファイルを移したのを明らかにしたと言った。

まったくプライバシーは無視されていた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。