on-the-time.jp

2010年01月14日

子供は問題ありません!だって彼らは携帯電話を持っている。

MediaPostは、MRI(Mediamark Research&Intelligence;)のAmerican Kids Studyによると、小学校の1日が終わると、子供は電話を鳴らし、テキストの両方で両親に連絡を取っていると報告した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

6歳から11歳の子供で20%は、自分の携帯電話を持っている。
その上、子供の携帯電話は急速に広がり、5年間で68%成長し、12%以上の両親は12カ月以内に子供のために携帯電話を買うつもりであると言っている。

調査されたほとんどの子供が、彼らの両親、友人、非常時の目的で、テキスト・メッセージングか電話をして、それらの携帯電話使用の上位の理由としてコミュニケーションであった。

「The 2009 American Kids Study」の調査として、5,000人の子供を調査した。

また、2005年頃にデビューしたCingularのファイヤーフライ(Firefly)に同意し、一般に、最初の子供にとって、主要な携帯電話はそれを採用している。

Cingularのファイヤーフライは電話をかけるための前部に2個のプログラマブル・ボタンがあり、キーボードがないので、両親が家に電話すること意外に求められていない発信電話をしている子供を心配するか、またはそのために働く必要が全くない。

ファイヤーフライは、写真も撮れないし、音楽を聴くこともできない。

しかし、最近になって傾向が大きく変わり、6歳から11歳が使っている携帯電話は値段の高い上位機種になり、ほとんどの携帯電話でアダルト電話が可能になっている。

両親はいくつかの携帯電話で、GPSを使って子供達の現在地を追跡さえしている。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告