2010-01-15

デビッド・モンゴメリーは、Mecom新聞で未来の有料デジタルを約束!

イギリスのThe Guardianは、Mecom新聞社の関連企業グループ(Mecom newspaper group)のデビッド・モンゴメリー(David Montgomery)が、、一般か国際ニュースの周りでコンテンツにオンラインで請求するプランをベースに推し進めている。

彼はMediaGuardian.co.ukに新しいオンライン決済戦略についての、年に一度の結果が2010年3月17日に公開されるが、「特定の満足できるユニークなコンテンツ」を当てにしていると言った。

Mecomのチーフエグゼクティブであるモンゴメリは、欧州諸国、オランダ、デンマーク、ノルウェー、およびポーランドの300以上のタイトルと、取り引きアップデートで公開された結果は、予想より良いと発表した。

モンゴメリは、「スカンジナビアのノルウェーと特により小さい新聞は、より速くオンライン収入における進歩を開発にしています。」と言った。

彼は、印刷している永久喪失について、削減プログラムでもたらした£12400万に関して感謝し、オリジナルの目標であった£6700万をよく凌いで、慎重に計画された将来のデジタル戦略で広告収入を作ることができるだろうと言った。

彼は、秋に備えたデジタル戦略が、印刷された広告における予測された代償を稼ぐことができ、Mecomがヨーロッパで今年を5%の予測を置き、それを過ごすと確信していた。

彼は、Mecomはどちらが、デンマークでポーランドの新聞紙事業とオンライン有料の雑誌で「ハイグレード」のために法律で財政的な情報を満たすことが必要であるかなど、オンライン賃金戦略の始まりからいくつかのレッスンを学んだと言い足した。

世界中のメディアが、モンゴメリの発言に注目し、報道している。
それだけ珍しい現象であったと言うことだろう。
「Observer: It's victory in Europe for Montgomery」とまで言っている。

しかし、2010年は計画上へ重要に斜陽に遭遇する。

つまり、2010年には削減プログラムでもたらした£12400万が無い。
結果として、この年は乗り切ったが、この状態は継続できない。

では、その次に何をすべきか!?
また、何を計画しているのか?
それが未来への約束には必要である。

CNET Newsは2010年01月13日に、新しいハリス(Harris poll)の世論調査が行った「あなたは、オンラインであなたの好きな新聞を読むのを支払うでしょうか? 」という質問をした結果を報告し、大部分は、「いいえ」と言ったと報告している。

Related Dates