2010-01-15

中国のインターネット人口3億8,400万人!

ロイターは、Googleが検閲とハッキングで、中国から撤退するかもしれないと発表した数日後、公式に中国のインターネット人口を発表し、2009年末に3億8,400万人になったと発表したと報告した。

これを発表したのはCNNIC(China Internet Network Information Center)で、2008年と比較すると約ドイツの総人口に匹敵する8,600万人増え、28.9%上昇した。
中国全体では総人口が13億人であることから、29%がインターネットを利用するユーザーであった。
それはもちろん全世界最大のインターネット・コミュニティで、全米人口を追い抜いた。

中国語レポートには、中国の拡張3Gモバイル・ネットワークと共に、1億2000万人以上がモバイル・インターネット・アプリケーションを使用したと書かれている。

こんな巨大マーケットをGoogleが撤退できるのだろうか?
先日も中国のサーチ・エンジン市場を紹介したが、Googleは市場を着実に伸ばし、まだ中国では海岸沿いだけでインターネットが浸透し、さらに大きな市場が農村や山間部に残っている。

Googleがこの市場を捨てるというのか?
馬鹿げた一時の暴走発言にすぎないことだろう。