on-the-time.jp

2010年01月14日

同性愛の結婚を許可すると、州の収入はUS$数100万増える!

AFPは、カリフォルニア州の同性愛者の結婚禁止令裁判が4日目に入ったとき、サンフランシスコ経済分析課が指示する首席エコノミスト(San Francisco's Office of Economic Analysis)であるエドモンド・イーガン(Edmund Egan)が、同性間結婚を合法化すると、サンフランシスコで収入はUS$数100万増えると言ったことを報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

エドモンド・イーガンは、合衆国での同じセックス結婚の運命について決めることができた画期的な連邦裁判所での審理のときに証言して、同性間結婚の合法化が不動産価格が上げられ、学区収入が上げられ、給料支払名簿、および消費税の取入口を増加させて、無保険者の数をなでぎりすると言った。

さらに、既婚者が独身者より多くの富を集めるので、経済のセクターに拍車をかけて、彼らはさらに費や素ことにもなるといっている。

今や、何が経済効果を生むかと言うことにまで、同性愛の結婚が言及されるようになり、それには宗教も困ることだろう。

同性愛の結婚はブームになるとまで言い出している。
そして、裁判で誰が同性愛の結婚に反対するかと言うことで注目が集まっている。

もう、脅迫的になり始めた。

米国は、国民が裁判官を合法的に脅迫できる不思議な国である。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。