gaYa広告

2010年01月14日

中国のネット広告1カ月で、約40%成長!

新華社は、易観国際(易观国际/Analysys International)産業データベースからの情報として、2009年12月のインターネット広告配信量は11月比でと比較して39.26%成長したと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

2009年11月と比べ、2009年12月にデータ・サービスとプロバイダ・サービスという圧倒的な割合を占める通信産業分野での広告配信規模はともに増加し、全体的な公告投入額は増えているが、これら2分野の以外は11月と横ばいだった。

2つの3G業事業と呼ばれる「3G携帯電話」「3Gモバイル・システム」の広告配信規模は2009年12月に引き続き成長し、10月以来、2ヵ月連続の成長を実現した。
これに対し、GSM携帯電話、ショート・メッセージ・サービスなどの2G事業に関わる広告配信規模は下降した。
易観国際のアナリストによると、広告主は広告配信の重心を2Gから3G業務へと転換している。

プロバイダの広告配信費用をみると、2009年12月、中国移動の広告配信費用は1億961万5300元と2009年11月から103.89%上昇し、中国聯通を抜いて第1位に復帰した。
そのうち、具体的な事業に関する広告配信では、ショート・メッセージ事業に関する広告配信費用の比率は20%に下がり、サービス・モードは45.3%、データサービスは34.4%、それぞれ上昇した。

注目すべき点は、2009年12月、三星(サムスン)が積極的に広告配信業務を発展させ、広告配信費用を11月比で2倍に増やし、通信産業のインターネット広告配信費用ランキングの3位に躍進したことで、中国電信は4位に落ち込んだ。

ただし、これを見ると、1社の広告量でランキングが変わることから、まだまだ全体から言って小規模と言える。

易観は2000年に設立した情報化、インタ-ネット、新メディアと電信運営産業の研究・コンサルディングを専門とする会社で、サーチエンジン関連の研究・発表は中国国内で好評されている。

易観国際の情報を見ていたら、面白い情報が多く見つかった。
とくに清涼飲水のネット広告、中国のサーチ・エンジンシェアなどは、注目できる。
中国では炭酸飲料より、断然お茶が強く、次が果実飲料であった。

また、サーチ・エンジンシェアの「谷歌」がGoogleである。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。