2010年01月13日

何回オーバーホールしてもBBCは、成功していない。

イギリスのBBCがこれまでデジタル化に対応するため、何度オーバーホールをしてきたことか?
ところがBBCは、オーバーホールでシンクタンクから呼び出されたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

シンクタンクは、抜本的な見直しを受けなければならないとBBCに言い、Channel4は民営化されるべきと、イギリスの放送の未来に関する報告で言った。

オールド・メディアンの抜本的見直しに限界が見え始めている。

シンクタンクThe CentreRight Policy Exchangeは、BBCがスポーツ、大衆娯楽、およびショーで、16歳から35歳を対象にした番組はやめるように言っている。
つまり、この年齢層は、スポーツ、大衆娯楽、およびショーをテレビで楽しまなくなっている。

また、それは、論議を呼んだ「ブロードバンド税」をやめるように政府に促した。

確かに、これからブロードバンド化はどんどん進むのに、それを止める税金は時代錯誤の税金と言える。

BBC Trustは、どんな変更案もBBCの公共的価値か、独立の危険を犯してはいけないと言った。

自由市場シンクタンクによるレポートは、公共放送は緊張していると書いて、デジタル時代で生き残るつもりであったなら、根本的改革の必要があると報告している。

それは、BBCが格付けの前に品質を置いて、スポーツと大衆娯楽を商業経路、つまり民放に残すべきであることを示した。

これは同じで、NHKは、民放を競争するような行為は厳禁にし、罰則規定を作るべきで、さらに定点カメラなどを多用し、経費削減をすべきだろう。

また、麻薬問題を起こし、横綱審議会に、元NHKを私物化しようとした人がいる大相撲は、放送を禁止にすべきだろう。

これではNHKが麻薬を認め、NHKを私物化しようとした人を優遇していると言われてもしかたがないと言える。

世界中を探しても、こんな出鱈目な公共放送局は存在しない。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。