2009年12月29日

韓国の熟年男女の性生活。

中央日報は2009年12月31日に、ソウル市のカン・ビョンホ老人福祉課長は、「高齢層の性生活の実態調査を通じて、より健全な老後生活を支援するため初めて産学連携の研究を行った。」と言って、相対的に関心が薄かった高齢者の性生活について調べた結果が発表され、「熟年男女の性生活、10人に3人が月1回以上」と言ったと報告した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

対象はソウルに居住する65歳以上の高齢者のうち、老人福祉館を利用する1,000人で、男性が464人、女性が536人だった。
調べによると、高齢者10人に約3人が月1回以上、性生活をしていることが分かった。

月平均1回が31.3%、2回が40.8%だ。
性生活の対象は配偶者が76.4%で、恋人が16.2%。風俗店の従業員や売春女性は1.6%だった。
男女別に見てみると性生活の差は明らかだった。
男性高齢者は32.4%が「恋人がいる」と回答したが、女性は11.5%にすぎなかった。

恋人と出会う場所には福祉館や敬老堂(老人施設のひとつ)が53%と最も多く、集い・団体が13%だった。
公園(10.5%)やコーラテック(酒類の代わりにソフトドリンクなどを売るカフェなど(8.2%)も利用した。
買春の経験について尋ねる質問には、男性の28.4%(132人)が「経験がある」と答え、女性は4.6%だった。

また、男性の87人、女性の13人がそれぞれ性病に感染したことがある。
男性の性病体験者のうち68.3%(56人)が売春女性を通じて感染した。
恋人による感染も20.7%(17人)に上った。
女性は性売買と配偶者による感染がそれぞれ4人ずつだった。
男性は10人に約1人が性交渉には、ED(ぼっ起障害)治療薬を使うと答えた。

韓国人は元気だな〜

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。