2009年12月29日

米国で航空安全に費やされた何十億ドルは、どこへ消えたのか?

ABC Newsは、「What has happened to the billions of dollars spent on aviation security?」を公開し、2001年9月11日に起こった同時多発テロで、巨額の何百億市民の税金が投入された米国での航空安全確保対策費は、その約10年後に、どのように費やされたのか?という疑問を感じ始めているとダン・ハリス(Dan Harris)が報告した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

23歳のナイジェリア人の男性が爆薬を隠し持って、大西洋横断の飛行の上で自分を起爆するのにもう少しで成功したクリスマスのニアミスがあった後に、多くの専門家が、アメリカ人は激怒すべきであると言っている。

Journal of Transportation Securityのアンドリュー・トーマス(Andrew Thomas)は、政府が活動に非常に失望すべきであり、「私たちは、これらの人々に責任を負わせる必要である。」と言った。

9・11委員会は米国をより安全にするという主要な推薦技術の多くがまだ実行されていない。

例えば、私たちには、乗客が下着か身体の中に爆薬を隠しているかどうかチェックするための広範囲で、そして、信頼できる技術がまだない。

技術専門家のエディ・シュワルツ(Eddie Schwartz)は、Transportation Safety Administrationのしゃへい装置は、まだ旅客機の船倉に乗せる貨物で50%しかチェックできていない。
そして、政府は、約30分間で指名手配犯の相互参照を可能にする2つのリストはできたが、統一された一つのテロリスト・ウォッチ・リストで、すべての乗客の名前をすぐにチェックできるシステムはできていないと言っている。

エディ・シュワルツは、セキュリティー技術会社Netwitness社が「確かに、それができます。」
「それは実施することは難しいことではありません。」と言っている。

9・11委員会の元副議長を務め、現在大統領の国土安全保障アドバイザリー委員会の委員になったリー・ハミルトン(Lee Hamilton)は、「政府は必要とするタスクで緊急性を与えていない。」
「その態度は、まだ一種のいつもどおりの仕事と感じている。」と言った。

では、だれが悪いのか?

評論家は、プライバシーと背中合わせの、完全なボディースキャナは、それらのコストを増加させるセキュリティと戦う航空会社、および浪費傾向がある官僚制度との戦いであると言った。

オバマ大統領は、クリスマスに起こったことを「人間とシステムの両方の失敗。」と呼んだ。

システムの欠落は、危険を増大するだけである。

その良い例が、米国の攻め込んだところはさらに過激になり、残酷になっている。

日本で、米国の狂牛病の牛肉問題でも起こったように、責任回避システムが働き、誰も判断した人を明らかにしないまま認可してしまうのも大問題である。

行動をすることは、その行動に伴った責任が発生するという常識がない無責任な社会が、とんでもない無駄を発生させ、それを頭脳派と誤解している。

責任が取れない政治家は、落選させることができる。
しかし、責任が取れない大学教授に、何を教授されるというのか?

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

この記事に関連する日付

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。