on-the-time.jp

2007年01月13日

アートかポルノか?

NEWSgristが、Nancy Bakerが書いた「Notes on the Current Currin Pornocopia」を紹介してきた。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

彼女はGagosianで開催されたJohn Currinの最新の展覧会を見に行き、Jerry Saltzのレビューを見たときの感想を述べていますが、John Currinの北ルネッサンス・アカデミズムを習得した凄いテクニックでポルノを写実的に描き、衝撃はあったが憎しみさえ覚え、同時にそれが最も独特の経験で、私は操られると感じた。それは美しいポルノです。と書いている。

たしかに、ここまで習得した絵画技術で、現代のポルノを写実的に描かれた場合、その作品を見た人は、どのように感じるのか判らない。

単にスケベな考えだけでは無いようにも感じ、同時にポルノを見たときと同じ感情もわき起こってくるかもしれない。

アート?ポルノ?とは誰が定義したのか。
これは一種の現代版宗教絵画かもしれない。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。