2008年01月13日

IBAチーフ、政治的影響力を縮小。

Jerusalem Postは、イスラエルでIBA(Israel Broadcasting Authority)へ要求された改革が実際に実行された場合、最も重要な変化は、IBAの政治的影響力を縮小させることであると報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この要求はイスラエルの議会クネセト(Knesset)で先週朗読され、議会を通過した。
最近までは改革についての議論は、ほとんどが給料問題で、IBAの重い費用を下げるためにIBAの芽である赤字とスタッフで大幅な削減の必要性に焦点を合わせてきた。

しかし、IBAの新しい要求はそれほど重要でないというわけではないが、政治的干渉でしょう、約60年間イスラエルで公共放送を苦しめている要素になっていることに焦点が移った。

政治家が公共放送の内容へのとても多くの影響を振るうことができた理由の一部は、マネージャ、エディタ、およびレポーターが、「あなたは私の背中を引っ掻いて、私はあなたを引っ掻くつもりである(you scratch my back, I'll scratch yours)」という彼らの関係であった。

この状況を終わらせることを切望しているIBAのモシェ・ガビッシュ(Moshe Gavish)議長は、IBA改革法のプレゼンテーションで、どんな法律もスタッフの協力なしで政治的影響力を縮小することができないと、IBAスタッフにレターで説明した。

そして、レポーターと部長が政党への関心、または、どんな政治家の動産利権にも従わないないように頼まれた。

さらにレポーターは、個人的にかかわった問題で政治家にインタビューしないように警告された。

モシェ・ガビッシュ議長は、特定の事例を引用しなかったが、そのような利害対立がIBAへのかなりの損害をもたらしたと強調した。

彼らがどんな仕事関連の問題でも正統な苦情を持っていると信じていた従業員は、自己の言い分を述べるため、自由にどんなIBA団体にも来ることができるとモシェ・ガビッシュ議長は書いている。

完全に、ひも付きジャーナリストが、公共放送のマネージャ、エディタ、およびレポーターの中に寄生していたと言うことになる。

困ったものだ!

そう言えば、日本でも、政治家の番記者の中にもそんな寄生ジャーナリストが居ることは、良く聞いている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。