1-26

文化財防火デー。

「昭和の大修理」の最中であった1949年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である奈良県斑鳩町の法隆寺金堂が炎上し、壁画が焼損したことを契機として、1950年に文化財保護の統括的法律として文化財保護法が制定され、1955年に、当時の文化財保護委員会(現在の文化庁)と国家消防本部(現在の消防庁)が1月26日を「文化財防火デー」と定めた。

この金堂壁画は世界でも五指に入る仏教壁画の最高傑作のひとつと言われていたが、1200年以上もたちかなり痛んできていたため、何らかの保存対策を取ることになり、名案はなかったが、取り敢えず現状を記録するため、京都の便利堂が壁画を全部撮影することになったた。

撮影が行われたのは1935ねんからで、当時まだカラー写真がなかったことから、便利堂では三原色のフィルターをかけて撮影し、380枚の乾板にこれを納めた。
便利堂は電気系統の問題には非常に慎重であったが、模写作業ではあまりにもイージーなミスから世界的に貴重な文化遺産を失うことになった。
その知らせを聞いた時、便利堂の担当者は「馬鹿か?」と反射的に言ったと伝えられ、ロンドン・タイムス東京支局長のフランク・ホーレーは「日本人はこうした貴重なものの取扱いが全く下手でデタラメだ」と怒りの論評をした。

この事件は国民に強い衝撃を与え、火災など災害による文化財保護の危機を深く憂慮する世論が高まった。

その後、1954年11月3日に法隆寺金堂の修理事業が竣工し、文化財保護行政も確立するとともに、文化財保護思想の一層の強化徹底を図るために普及啓発事業が行われるようになった。

法隆寺のGoogle Earthポインター情報
34°36'53.05"N,135°44'3.04"E
または、
34.614736, 135.734178

Related Dates