on-the-time.jp

1月7日

七草。

人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った羮を食べる風習。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

「七草」は本来、秋の七草のことで、小正月1月15日も「七草」というが、現代では本来的意味がわからなくなり、風習だけが形式として残って、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥(七種粥)」が食べられるようになった。

中国ではこの日には「七種菜羹(7種類の野菜を入れた羹(あつもの)」を食べて無病を祈る習慣があった。
「延喜式」には、「餅粥(望粥・もちがゆ)」という名称で七種粥が登場する。
ただし、「餅粥」は毎年1月15日に行われ、粥に入れていたのは米・粟・黍(きび)・稗(ひえ)・みの・胡麻・小豆の七種の穀物だった。
平安時代に書かれた清少納言の「枕草子」にも、「七日の若菜を人の六日にもて騒ぎ---」とあり、「子(ね)の日の遊び」とも呼ばれ、正月最初の子の日に野原に出て若菜を摘む風習であった。
「土佐日記」にも登場し、寛平2年2月30日条「宇多天皇宸記」には、「小野宮年中行事」に弘仁主水式を既に記載されていたとあり、宇多天皇自らが寛平年間に民間の風習を取り入れて宮中に導入したと記している。

1362年頃に書かれた四辻の左大臣四辻善成(YotsutsujinoYoshinori)による「源氏物語」の注釈書「河海抄(かかいしょう)」には、「せりなずな 御形はこべら 仏の座 すずなすずしろ これぞ七草」と記載している。

百人一首にも、光孝天皇(Koko tenno)が「「君がため 春の野に出でて 若菜摘(つ)む 我が衣手に 雪は降りつつ 」と詠っている。

江戸時代頃には武家や庶民にも定着し、幕府では公式行事として、将軍以下全ての武士が七種粥を食べる儀礼を行っていた。

七草粥には、
「芹(せり)」
「薺(なずな/ぺんぺん草)」
「御形(ごぎょう/母子草(ははこぐさ)」
「繁縷(はこべら/蘩蔞)」
「仏の座(ほとけのざ/小鬼田平子(こおにたびらこ)」
「菘(すずな/蕪/鈴菜/かぶ)」
「蘿蔔(すずしろ/大根(だいこん)」
の7種の野菜を刻んで入れた粥のことで、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。
ただし、呪術的な意味だけでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。

前日の夜に俎に乗せて、豊作を祈る鳥追い歌に由来する「囃し歌/七草なずな 唐土の鳥が、日本の土地に、渡らぬ先に、合わせて、バタクサバタクサ」などと歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。

最近では、野に七草を求めるのではなく、乾燥した「ドライ七草」や「七草パック」などコンビニや、スーパーなどで売られ、さらには「七草の湯」や高額な「七草割烹」まで登場するようになり、風情からがかけ離れつつある。

「芹(せり)」
科名:セリ科
別名:エグ
生薬名: スイキン(水芹)
漢字表記: 芹
原産: 日本
用途: 湿地帯に自生する多年草。夏に白色の小さな花が咲き、春の七草の一つで食用にされます。地上部を神経痛・リュウマチなどに用い、小児の解熱には、生のしぼり汁を服用します。
学名: Oenanthe javanica DC.

「薺(なずな/ぺんぺん草)」
科名:アブラナ科
別名:ペンペングサ
生薬名:サイ(斉)
漢字表記:薺
原産:北半球の温帯
用途:荒地や道端に自生する越年草。早春に白い小花が咲きます。果実は平らな三角形で、三味線のばちに似ているのでペンペングサの名前があります。全草を利尿・解熱・止血などに用います。春の七草の一つとして有名です。
学名:Capsella bursa-pastoris Medik.

「御形(ごぎょう/母子草(ははこぐさ)」
科名:キク科
別名:ホオコグザ・オギョウ・ゴギョウ
生薬名:ソキクソウ(鼠麹草)
漢字表記:母子草
原産:日本、朝鮮半島、中国、台湾、東南アジア
用途:野原などに自生する越年草。オギョウと言われ春の七草の一つで、春から夏にかけ、黄色の小さな頭状花が咲きます。全草を鎮咳・去痰などに用います。
学名:Gnaphalium affine D. Don

「繁縷(はこべら/蘩蔞)」
科名:ナデシコ科
別名:ハコベラ・ハンロウ
生薬名:ハンロウ(繁縷)
漢字表記:繁縷
原産:温帯
用途:路地や畑などで自生する越年草。早春に白い小花が咲き「セリ・ナズナ」などで知られる春の七草のひとつです。昔は、葉を粉にして塩を加え、歯磨き粉として利用していました。全草を利尿などに用います。
学名:Stellaria media Vill.

「仏の座(ほとけのざ/小鬼田平子(こおにたびらこ)」
科名:シソ科
別名:-
生薬名:-
漢字表記:仏の座
原産:北アメリカ
用途:畑や道端など、どこにでも自生する越年草。民間で鎮痛などに用い、中国では打ち身など外用に用います。
学名:Lamium amplexicaule L.

「菘(すずな/蕪/鈴菜/かぶ)」
科名:アブラナ科
別名:カブラ、カブナ、カブラナ、スズナ(鈴菜)など数多く、江戸時代は漢語で蕪菁(ブセイ、wuqing)、蔓菁(マンセイ、manqing)、扁蘿蔔(ヘンラフク、bianluobo)などと呼ばれていた。
生薬名:-
漢字表記:菘
原産:世界中で栽培されているが、分類上はアフガニスタン原産のアジア系と、中近東から地中海沿岸原産のヨーロッパ系との2変種に分かれる。
用途:大きな球形となる根を食用とするほか、茎や葉などの地上部も青菜類と同様に利用される。
固いため、生食より煮物や味噌汁・シチューの具材として利用される。加熱すると、一転して非常に柔らかくなるため、ダイコンのように煮込む料理には向かない。 また、浅漬け、糠漬け、千枚漬け(聖護院かぶら)、酸茎などの漬物に加工される。
学名:Brassica rapa L. var. rapa/Brassica rapa L. var. glabra

「蘿蔔(すずしろ/大根(だいこん)」
科名:アブラナ科
主な品種:桜島 (胴回りが巨大)、聖護院 (京野菜・球形)、辛味 (見た目はカブに近いが、汁気が少なく辛味が強い。主に蕎麦などの薬味に用いられる。京野菜など)、守口 (きわめて細長い。守口漬に使う)、源助 (加賀野菜。短く太い。甘味が強く煮崩れしにくいことから、おでんに向いているとされる)、練馬・三浦・浅尾 (いわゆる白首大根)、宮重 (いわゆる青首大根)、紅大根(長崎原産の大根)
生薬名:-
漢字表記:蘿蔔
原産:日本、地中海地方や中東
用途:ダイコンは日本においては品種・調理法とも豊富であり、現代の日本人の食卓(なべ・おでん等)には欠かすことのできない野菜となっている。 また、由来は特にはっきりはしていないが、文字通り「大きな根」と捉えることが多い。
越年草で春に放置すれば薹が立ち、枝の先にアブラナに似た紫がかった白い花がつく。
根出葉は羽状複葉、頂小葉は大きい。地下に垂直に根が伸び、主軸が肥大して、食べられる。一般的に肥大部は根と呼ばれているが、発生学的には全てが根ではない。畑での栽培時における、大根の肥大部の地上に現れている緑色の箇所が胚軸、残りの地下に埋没した白い箇所が根に相当する。同じアブラナ科のカブではヒゲ根と呼ばれる下箇所が根に相当し、胚軸は上の丸い肥大箇所になる。ダイコンの胚軸と根の区別は、茎頂側の2次根の発生の有無でも見分けられる。根からは両側一列ずつ2次根が出る。店先のダイコンではその痕跡がくぼんだ点の列として観察できる。
学名:Raphanus sativus

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。