2009年12月23日

1999年から2009年にブロードバンドは、いかにすべてを変えたか。

GreenNet GigaOM Proは、オム・マリク(Om Malik)による「1999-2009: How Broadband Changed Everything」を公開した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

1999年から2009年に、世界は劇的に変化した。

マリクはブロードバンドのレンズを通した、現代の生活を調べ、その変化を分析した。

バラク・オバマの選挙、アジアの津波、9・11からイランの暴動、ムンバイにおけるテロ事件まで、ブロードバンドは、そのようなグローバルな出来事を一緒に経験することを可能にた。

マリクは、会社と製品に関しての10年間と、日常生活に基本的になったサービスを振り返った。

ブロードバンド・ビジネスにおける現在の危機にもかかわらず、前任者、ラジオ、鉄道、航空会社、自動車バブル、ブロードバンド・バブルが勿論、産業が当時の企業家とは大きく変わってきた。

古い体質の巨大企業までが、この大渦に飲み込まれていく。
重厚長大で、永遠に続くと信じていた企業までが崩壊し始めている。

当時、法人のスキャンダルによる無秩序な産業であった。
それらをいっぱいにするためにパイプの何マイルもがデータなしであったなら、それらは勇敢でいくらか愚かな言葉であった。

アップル・コンピューターのスティーブ・ジョブスは、皆に、デジタル写真とビデオを交換して欲しい。
それはいくらかの帯域幅を消費する。

或るものは、グリッドコンピューティングの新しい時代が明けると言い、それが始まった。

ナップスターの人気は、初めてブロードバンドがプラットホームであると断言した。

時代はまだ始まったばかりである。
米国では、デジタルTVが始まって、一気にテレビ社会が変わった。

この大波は、もうすぐ日本にもやってくる。

経済の50%はデジタル世界で動き出した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告