on-the-time.jp

2009年12月23日

1999年から2009年にブロードバンドは、いかにすべてを変えたか。

GreenNet GigaOM Proは、オム・マリク(Om Malik)による「1999-2009: How Broadband Changed Everything」を公開した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

1999年から2009年に、世界は劇的に変化した。

マリクはブロードバンドのレンズを通した、現代の生活を調べ、その変化を分析した。

バラク・オバマの選挙、アジアの津波、9・11からイランの暴動、ムンバイにおけるテロ事件まで、ブロードバンドは、そのようなグローバルな出来事を一緒に経験することを可能にた。

マリクは、会社と製品に関しての10年間と、日常生活に基本的になったサービスを振り返った。

ブロードバンド・ビジネスにおける現在の危機にもかかわらず、前任者、ラジオ、鉄道、航空会社、自動車バブル、ブロードバンド・バブルが勿論、産業が当時の企業家とは大きく変わってきた。

古い体質の巨大企業までが、この大渦に飲み込まれていく。
重厚長大で、永遠に続くと信じていた企業までが崩壊し始めている。

当時、法人のスキャンダルによる無秩序な産業であった。
それらをいっぱいにするためにパイプの何マイルもがデータなしであったなら、それらは勇敢でいくらか愚かな言葉であった。

アップル・コンピューターのスティーブ・ジョブスは、皆に、デジタル写真とビデオを交換して欲しい。
それはいくらかの帯域幅を消費する。

或るものは、グリッドコンピューティングの新しい時代が明けると言い、それが始まった。

ナップスターの人気は、初めてブロードバンドがプラットホームであると断言した。

時代はまだ始まったばかりである。
米国では、デジタルTVが始まって、一気にテレビ社会が変わった。

この大波は、もうすぐ日本にもやってくる。

経済の50%はデジタル世界で動き出した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。