gaYa広告

2009年12月17日

AT&TはiHogs(iPhone豚)を飼いならすことができるか?

BusinessWeekは、Peter BurrowsとOlga Kharifのコラム「Can AT&T Tame the iHogs?」を公開し、スマートフォンがPCに取って代わって、多くの消費者のデジタル生活の中心になり、人々がモバイル・コンピューティングとして使用する方法の変化は必然になっている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

アナリストた専門家は、無線通企業が、無制限な状態で帯域幅が少ないアメリカ人の消費者を訓練する必要であると言っている。

それはただ電話会社だけではなく、ほとんどすべての携帯電話ユーザーにとって重要なことになる。
現在、AT&Tは、3%のiPhoneユーザーがデータ網トラフィックで40%を占めると言っている。

YouTubeビデオとオンラインラジオ中毒者が、より多く彼らの習慣をサポートするのに必要であるネットワークアップグレードの代価を払ったなら、他の97%は、より良くて、より安いサービスを得るかもしれない。

Forrester ResearchのチャールズS.ゴルビン(Charles S. Golvin)は、「それはもし変化したならと言う質問ではなく、いつという質問」と言っている。

その瞬間が、目の前で起こるかもしれない。

インタビューでAT&T Mobility社長ラルフ・デ・タ・ベガ(Ralph de la Vega)は、事業者がスマートフォン顧客の大部分が使用する毎月のUS$30の無制限なデータプランの変化を熟考させていると言った。

彼は、最終決定はまだ全くしていないと強調しているが、AT&Tは消費者が、より遅くて、より安いネットワークに突き当たられる前に使用できた帯域幅の量で、今日の声のプランか上限と同様のtiered価格決定モデルを命令する。

ラルフ・デ・タ・ベガは、「キャリヤーは、持続可能なモデルで終わる必要があります。」と言っている。

これもそれも、すべて米国の場合は、膨大な帯域幅を軍隊が独占しているからである。

その他の国では、帯域幅が少ないと言うことはない。

それが米国内で、デジタル・デバイドを常識化しようとしている。
それが我慢できる米国人が何人いるのだろう。

とくに自己中心的な発想が万円している中で、欲求不満が爆発したときどうなるのか?

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告