AD SPACE

2009-12-17

次の情報スーパーハイウェイは、車の中を走る?

Cellular-Newsは、iSuppli社からの情報として、車からのインターネット・アクセスが全世界で2009年の97万から2016年に6,230万になると予測したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

iSuppliのAutomotive Research Serviceの主席アナリストであるエーギル・ジュリュセン(Egil Juliussen)は、
「高度自動機能電話が、より手頃で遍在するようになって、消費者は車でインターネットの接続性を要求しています。」
「様々なフォームのインターネットの接続性を車に加えることによって、車のメーカーはこの要求に役立っています。」と言っている。

米国の車からのインターネット・アクセスは2009年の52万から、6年後の2016年に2830万に上昇していると予測している。

車のインターネットの接続は、埋め込まれたソリューションかHFI(Hands-Free Interfaces/ハンズ・フリー・インターフェイス)のどちらかで、エンターテインメントかナビゲーションシステムに使用することでテレマティックス(Telematics)システムで実装された。

ただし、現在のテレマティックス・システムは、少ない帯域幅の接続性を使用して、現在のインターネット・アプリケーションに合っていない。
車のインターネット接続の数が次の10年間劇的に成長するのに応じて、これは変化しようとしていると報告している。

初期の車のインターネット接続は自動車メーカーから来るのではなく、Ford Syncのようにモバイル機器テレマティックス・システムと共に使用されるデータプランがある高度自動機能電話を通して来る。

例外はBMWで、BMWはドイツの7シリーズに関するデータプランで。埋め込まれたテレマティックスシステムを紹介した。

別の例外は、2008年にクライスラーによって開拓されたWi-Fiへの携帯電話ルータ・システムであり、また、現在、キャデラックとフォルクスワーゲンでも利用可能になっている。
同様のシステムはヨーロッパに現れている。
このシステムは、Wi-Fiへの携帯電話ルータ・ソリューションを車に埋め込んで、車か、車の近くのWi-Fiを可能にしたデバイスも使用できる。

スプリントとベライゾンからのWi-Fiルータ製品への携帯電話アフターマーケットもあるが、これらは、車のシステムに接続されないモバイル・システムとして登場している。

2020年までには、たぶんすべてのテレマティックス・システムがインターネットによって可能にされ、2つのカテゴリが合併すると言っている。

しかし、運転手の注意散漫問題による使用制限が車を運転している人に起こる。
そこで、これを解決できるシステムが数年間で表れると予測している。

確かに、何か凄いことが起こらないと車社会はこれから衰退が止まらないかもしれない。
しかし、この程度のことで今回の衰退が止められると言うことはないだろう。

2016年から2020年に、どのような車が実際に走っているか?
いずれにしても、今のままの延長線に車社会は存在しない。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.