on-the-time.jp

2009年12月03日

スペクトルの豚が架空の一角獣に合流。

Ars Technicaは、「スペクトルの豚」はもう亡霊化し始めていたが、なんと神話の一角獣(unicorns)は本当に存在するかどうかを疑いながら、電気通信アナリストはその現象を探し始めていると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

パリからファイバー・トゥ・ザ・ホームをカバーするYankee Groupのアナリストであるブノワ・フェルテン(Benoit Felten)は、彼のブログ「fiberevolution」で「スペクトルの豚(bandwidth hog)」に挑戦し続け、おもしろい読者を獲得しているが、最近は敵に対する攻撃のトーンがあまり見られなくなっている。

ブノワ・フェルテンの基本的なスペクトル関係で書くときは陰険さがあると見なしたときであって、例えば正当な料金以上に請求するスペクトルの豚を攻撃してきた。

しかし、最近は混雑さを引き起こし、不当に請求しているとは言えなくなっていると報告している。

それだけ複雑化し、サービスを提供することで有益性を訴え、妥当な料金体系になり、ブリードバンド化に貢献し始めていると報告している。

つまり、「スペクトルの豚」が、神話の一角獣になり始めていると言っている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

gaYa広告