AD SPACE

2009-12-03

スペクトルの豚が架空の一角獣に合流。

Ars Technicaは、「スペクトルの豚」はもう亡霊化し始めていたが、なんと神話の一角獣(unicorns)は本当に存在するかどうかを疑いながら、電気通信アナリストはその現象を探し始めていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

パリからファイバー・トゥ・ザ・ホームをカバーするYankee Groupのアナリストであるブノワ・フェルテン(Benoit Felten)は、彼のブログ「fiberevolution」で「スペクトルの豚(bandwidth hog)」に挑戦し続け、おもしろい読者を獲得しているが、最近は敵に対する攻撃のトーンがあまり見られなくなっている。

ブノワ・フェルテンの基本的なスペクトル関係で書くときは陰険さがあると見なしたときであって、例えば正当な料金以上に請求するスペクトルの豚を攻撃してきた。

しかし、最近は混雑さを引き起こし、不当に請求しているとは言えなくなっていると報告している。

それだけ複雑化し、サービスを提供することで有益性を訴え、妥当な料金体系になり、ブリードバンド化に貢献し始めていると報告している。

つまり、「スペクトルの豚」が、神話の一角獣になり始めていると言っている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.