AD SPACE

2009-12-03

最悪であった2009年の広告市場の回復は、すべてではない。

OpenX

AdAgeは、Fitch Ratingsによる新しい予測を紹介し、オールド・メディア・ビジネスでほとんどの人々が2009年を過去のこととすることで興奮しているが、安定か同等の回復広告市場は等しく皆を助けないと予測していることを報告した。

[AD] You can advertise on this site.

つまり、今回の落ち込みで回復できないままの広告業界が表れると予測している。

最初に4大TVネットワークが回復しはじめ、次に、ケーブルネットワーク、大きな地域をカバーするテレビ局などが回復し始める。
しかし、印刷メディア、例えば新聞や雑誌の広告は、2009年よりさらに落ちると予測している。

Fitch Ratingsは、印刷メディア会社が2010年にオンライン有料化を実施し、次に印刷版メディアは解体されると予測している。

もの凄い予測をしている。
つまり、オンライン有料化を実施できない印刷メディア会社は、そのまま消えていくと予測している。

聴衆断片化は続くが、「正統」のニューメディア参加者のペースは遅くなると予測している。

消費者は、オンラインでベン組を完全に見るためにケーブル加入者を中止することはないと予測している。

ゼネラル・エレクトリック(General Electric)社がコムキャストに販売しているNBCネットワークを含む4つの主要な放送ネットワークは、2010年に残ると予測している。
しかし、Fitch Ratingsは、早ければ2011年はじめに少なくとも1つは、ケーブルネットワークになり、新しいビジネスを模索し始めると予測した。
その候補としてNBCとABCをあげている。

つまり、2010年に米国のテレビ業界で激動が始まり、米国で4大TVネットワーク時代が終わると言うことにもなる。
デジタルTV時代が始動し始め、米国のテレビ業界に大きな変動の時代がやって来ることになる。
それは次に、日本のテレビ業界でも起こることだろう。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.