gaYa広告

2009年12月03日

喫煙より、肥満が悪い!

アリゾナ・レパブリック(Arizona Republic)はロサンゼルス・タイム(latimes/Los Angeles Times)からの情報として、最新の研究によると、喫煙が平均寿命を衰退させると評価されているが、肥満の方が貧しい生活の質に貢献して、それより衰退が高いと予測したと「Obesity may be worse than smoking」を報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この研究調査は、国民健康調査から選別されたこれまでの健康志向と生活の質を見て、2005年から2020年までの典型的な18歳の平均余命を予測した結果として、2009年12月2日に発行された「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(The New England Journal of Medicine)」December 3, 2009で公開された。

この「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(The New England Journal of Medicine)」December 3, 2009は日本語でも読める。
米国における肥満と喫煙が平均余命に及ぼす影響を予測する(Forecasting the Effects of Obesity and Smoking on U.S. Life Expectancy)

全米調査データから,著者らは,今後 10 年間で,肥満の増加が米国民の健康に及ぼす有害な影響が,喫煙の減少による有益性を上回ると予測している.また,2020 年までに喫煙と肥満がなくなれば,18 歳集団の平均余命は約 4 年延長すると予測している。2252 ページ

ここ15年間喫煙する過去の衰退は、18歳に平均余命で0.31年になる。
しかし、増加しているBMI値レートは、平均余命で0.71年の衰退になり、ティーンエイジャーには1.02年の平均寿命の低下があると報告している。

ハーバード大学(Harvard University)、ミシガン大学(University of Michigan)、および全米経済研究所(National Bureau of Economic Research)からの研究者は、平均余命が総合的な健康管理などの要素による改良され、より良い栄養、および教育を増加させるが、上昇する肥満率が結局その進行を遅くするかもしれないと指摘した。

ミシガン大学内服薬と健康管理政策の助教授で、レポートの共著者アリソン・ローゼン博士(Dr. Allison Rosen)は、「これは少し緊急の注意を促すものです。」
「私たちはいつもとても多い健康上の問題を喫煙にみなしました。そして私たちは喫煙の衰退から健康改善を得ていると強調します。」
「しかし、肥満の速度における変化は喫煙の衰退を十二分に補い始めています。」と言っている。

友人のように、肥満で喫煙者が最悪とも言える。
また、禁煙したことで肥満になったという人も聞くが、これは危険地帯からさらに強度の危険地帯へ移動したことにもなる。

「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(The New England Journal of Medicine)」December 3, 2009の概要。
361-2252
米国における肥満と喫煙が平均余命に及ぼす影響を予測する

Forecasting the Effects of Obesity and Smoking on U.S. Life Expectancy S.T. Stewart, D.M. Cutler, and A.B. Rosen

# 背 景
この 30 年で肥満が増加し,米国人の健康に有害な影響を及ぼしているが,一方,喫煙の減少によって改善されている面もある.これら 2 つの傾向が寿命と QOL に複合的に及ぼす影響をさらに理解することで,医療資源のより有効な投入先決定がなされると考えられる.
# 方 法
喫煙と体格指数(BMI)にはこれまでの傾向が続くと仮定したうえで,2005〜20 年の各年について,代表とした 18 歳集団における平均余命と質調整余命を予測した.喫煙の傾向は,1978〜79 年,1990〜91 年,1999〜2001 年,2004〜06 年の全米健康聞取り調査(National Health Interview Survey)のデータ,BMI の傾向は,1971〜75 年,1988〜94 年,1999〜2002 年,2003〜06 年の全米健康栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey)のデータをもとに予測した.喫煙と BMI が健康関連 QOL に及ぼす影響の検討には,2003 年の医療費委員会調査(2003 Medical Expend-iture Panel Survey)を使用した.
# 結 果
複数の条件下で,BMI の増加による負の影響は,喫煙の減少による正の影響を上回った.基本的ケースでは,代表とした 18 歳集団の平均余命は 2005〜20 年のあいだに 0.71 年短縮し,質調整余命は 0.91 年短縮した.2020 年までにすべての米国成人が標準体重の非喫煙者になった場合,18 歳集団の平均余命は 3.76 年,質調整余命は 5.16 年延長すると予測される.
# 結 論
今後,この肥満傾向を止められなければ,肥満が米国民の健康に及ぼす負の影響は喫煙の減少による正の影響を上回るようになる.肥満の増加に対処しなければ,20 世紀初頭からみられる健康状態の一貫した改善パターンが崩れる可能性がある.

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告