AD SPACE

2007-12-17

トイレを口汚くののしった米国人女性は免罪!

言語

Ananovaは2007年12月17日に、非番の警察官が、あふれんばかりのトイレを口汚くののしっているペンシルバニア出身の31歳になる女性ダウン・ハーブ(Dawn Herb)の言葉を立ち聞きし、告訴したと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

警察官パトリック・ギルマン(Patrolman Gilman)は、「Are you f***ing retarded? Get me the f***ing mop.」と言っていたと公聴会で言った。

パトリック・ギルマンは、次に「言葉に気を付けるように」と警告したら、「F*** off.」と言う返事が返ってきたと言った。

パトリック・ギルマンは、勤務中のジェラルド・ターロ(Gerald Tallo)を呼び、彼女が叫んでいるのを確認して、ダウン・ハーブを告訴した。

ところが新聞 Scranton Times-Tribuneの情報によれば、地方裁判所判事のテレンス・ギャラガー(Terrence Gallagher)は、彼女が何も間違っていることをしなかったと裁決したと報告した。

地方裁判所判事は、最大90日間の収監と150ポンドの罰金につながったかもしれない無秩序な行為を破棄した。

彼女が使用した言語は「いくつかによって不快で、下品で軽率であると考えられるかもしれませんが、憲法修正第一条の下において、それを使用する権利を与えられました。」と、裁判官は裁決した。

全米市民的自由連合(American Civil Liberties Union)の弁護士バリー・ダイリー(Barry Dyller)は、ギャラガー裁判官が正しい決定をしたと言った。

「アメリカ人はすぐに「f***ing」「F*** off.」と言う言葉を使う。
アメリカ人の英語の汚さは、ヨーロッパ中で有名だ。

それが国民性で、もし彼女を逮捕したら、全員有罪かもしれない。」と弁護した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE