2007-12-17

独自に進むオンライン・ハリウッドのダーク・サイド!

PaidContentは、虚飾の街ハリウッドで、映画脚本家が独自に生産したデジタル・コンテンツで増加し、ウィル・ファーレル(Will Ferrell)の「Funny」または「Die」では、プレミア・クリップとしてLandlordで500万回も見られたと報告している。

[AD] You can advertise on this site.

しかし、作家がスタジオ・システム以外で、この素晴らしい新世界に完全に公約する前に、その成長の末端を見ることになるかもしれないと言っている。

Writer's Group Film Corpは、US$15で1000万の株を一般大衆に販売し、最大US$150万を目指している。
どう基金を調達しているかについて、SECにプランを提出した。

厳密にデジタルではないが、それはウイルス性マーケッティングのように拡大している。

短編映画「True Tinseltown Tale: Dude, Where's My Car?」は、YouTubeで1年間に約1,100回見られた。
FunnyorDie.comでは6カ月後に、300回未満であったが、Veohでは8カ月後に、650回以上見られた。

経営計画を達成したいと考えた場合、仕事と才能の広い公共の認識を広めるYouTubeで、100万以上の意見を受け取った。

初期の失敗にもかかわらず、より大きい目に見えることを達成することがオンライン・ビデオサイトで数えられていると言っているので、それはDVD、ケーブルテレビ、および映画祭を通してプロジェクトを分配することができる。

まだまだ、それだけで食べていけるとは言えないが、オンライン・ハリウッドとして新しい作家が生まれはじめている。

このようなグループをGoogle社やYouTubeが支援すると、さらに面白いコミューンが誕生するのだが---

ただし、コミューンはいずれ消えていくことになる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.