on-the-time.jp

2007年12月17日

プライバシー・バックフラッシュとモバイル広告!

Moco Newsは、Facebookのプライバシー問題は、オンライン・プライバシーとオンライン広告問題への上昇し、さらにモバイル広告にまで影響しはじめていることから、RCRWirelessNewsが公開した「Mobile ads a balance of privacy concerns」を紹介し、モバイル広告がプライバシー問題から逃げることはできないと言う意見を紹介した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

消費者の通話記録から収集することができた詳細な情報を考えて、モバイル広告に影響を与えるバックフラッシュは必然であり、問題はどのようなバックフラッシュがモバイル広告に影響するかと言うことになる。

人の会話を聞き取るサービスを開発し、それに基づく広告を提供するNellymoser社の創設者John Puterbaughは、「Pudding Media」よりはるかに詳細な情報を携帯電話から得ることができると言っている。

「Pudding Media」とは、プリンのような形が明確でなく、どろどろしたようなメディアで、携帯電話などで勝手に話しているわけのない会話の断片から情報を切り取り、それをつなぎ合わせることで新しいメディアとして形成される。

電話の会話から情報を切り取り、広告を配信するサービスを提供するPudding Media社も登場している。

その情報から、個人の嗜好を特定し、ユーザーにもっとも適した広告を配信することも可能になる。

John Puterbaughは、このような世界をMobile2.0と呼んでいる。

これらの種類の進化は、プライバシーに対する心配を静めるどころか、ある他の産業幹部などは、特にそれと共に何らかの自由であるか割り引かれたサービスをもたらすならユーザーが関連広告を提供するために進んで彼らのプライバシーの何らかに侵入し、許容すると主張している。

情報の世界では、何らかの些細な情報でもそれを蓄積し、情報処理することで、見事にプライバシーを侵略してくる。

つまり、新しい通信機器が登場し、それを利用することは、プライバシーはどんどんやせ細っていくことであり、それに歯止めを掛けることは不可能なことであり、それをどのように利用するかということが、今後はさらに過激になってくることが予測される。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告