gaYa広告

2009年11月30日

マッコリ・ブーム本格化!

美容と医学の科学

中央日報は、マッコリ(濁酒)ブームは相当なもので、2009年1〜9月のマッコリ輸出量は4380トンになり、関税庁調べで金額はUS$356万2000に達した。
前年同期比で輸出量は24%増、金額は23%増を記録した。
韓流ブームとともに「発酵酒のマッコリはヘルシー」という噂が広まって、2009年に輸出されたマッコリの87%が日本であった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2009年10月23日、米国のニュース専門チャンネルCNNはマッコリを集中的に紹介した。
マッコリが再起(a Strong comeback)を狙っていると評価した。
農林水産食品部はマッコリの消費を促進するため、毎年12月第2週の特定曜日を決め、その年の新米で作ったマッコリを通称「マッコリヌーボー」を発売することにした。

そこで中央日報は、マッコリの「健康損益計算書」を公開した。
マッコリは米を主材料とする穀酒であり、濁酒で、米に麹を混ぜて作った酒を濾してできる。
米のほか、トウモロコシやアワなど、さまざまな穀類から作ることができる。
米粒がそのまま浮いているドンドン酒もマッコリの一種である。

発酵過程を経てたんぱく質・炭水化物・ビタミン・ミネラルと生理活性物質・生酵母が作られ、栄養も豊富である。

新羅大学食品栄養学科のキム・ミヒャン教授は「マッコリのたんぱく質含有量はそれほど高くないが(100ミリリットル当たり1.9g)、たんぱく質の質(タンパク価)がよい」とし「米たんぱく質のたんぱく価は豆たんぱく質よりも高い」と説明した。

カロリーはそれほど高くない。
100ミリリットル当たり46キロ・カロリーで、コーラ・サイダー(40キロ・カロリー)やビール(37キロ・カロリー)水とほぼ同じである。
同じ量のワイン(70-74キロ・カロリー)・焼酎(141キロ・カロリー)・ウイスキー(250キロ・カロリー)よりはるかに低い。
そのため、マッコリをダイエット酒と考える人もいる。

マッコリのアルコール度数は6〜7%で、韓国人で人気の5種類の酒のうち、ビール(4.5%)よりやや高いが、ワイン(12%)、焼酎(25%)、ウイスキー(43%)より低いことから、 かなり飲みやすい酒といえる。

しかし二日酔いするという点がマッコリのグローバル化の最大の障害となっている。

嶺南(ヨンナム)大食品加工学科のイ・ジョンギ教授は、
「マッコリやワインなどの穀酒・果実酒は、焼酎やウイスキーなど稀釈酒・蒸留酒に比べて二日酔いしやすい。」
「発酵菌株に雑菌が混ざっていることがあり、発酵する時に二日酔いする成分が生成されることがあるため」と指摘した。
マッコリは製造会社によって二日酔いの程度に大きな差があると知られている。

マッコリはキムチ・清麹醤・味噌・コチュジャン・醤油・塩辛などとともに韓国の代表的な発酵食品といえる。
しかし、ウェルビーイング効果に対する研究は初期段階である。

新羅大学食品栄養学科のペ・ソンジャ教授は、マッコリのがん細胞成長抑制・血圧降下・抗酸化(有害酸素除去)効果などを明らかにした。
また、キム・ミヒャン教授はマッコリがコレステロール数値を低め、肝機能の改善に有益だと発表した。

マッコリの肝機能改善効果を明らかにした研究の場合、マッコリからアルコールを除いた後、これを更年期の女性に提供した結果であった。 したがって「マッコリ=坑がん酒またはコレステロール低減酒」と等式化するのには無理がある。

マッコリのウェルビーイング成分が具体的に何かもよく分かっていない。
これは、レスベラトロールという抗酸化成分(ポリフェノールの一種)を見つけた後、これを大々的に広報中のワイン業界とは対照的といえる。

キム・ミギャン教授は「マッコリのたんぱく質成分のペプチドと糖脂質」をマッコリの健康成分と推定した。
イ・ジョンギ教授は「生マッコリに含まれていた乳酸菌」をマッコリの健康成分と推定した。
乳酸菌は熱処理したマッコリにはない。
ペ・ソンジャ教授はマッコリに含まれた物質がメラニンの生成を抑制し、皮膚の美白を役立つと期待している。

健康問題をマッコリで解決しようとしている。
ただし、二日酔いはつらい。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。