gaYa広告

2007年12月17日

イラクのKRGバルザニ首相、新プレス法案に反対。

CPJ(Committee to Protect Journalists/ジャーナリスト保護委員会)は、イラクのKRG(Kurdistan Regional Government/クルド自治政府)のバルザニ(Masoud Barzani)首相は、12月11日に地方議会によって承認された新しい制限しているプレス法案を拒絶すると言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

バルザニ首相は12月17日に、KJS(Kurdistan Journalists Syndicate)の代表Farhad AwniがCPJに、改正のためにいったん法案が首相の机に来たとき、請求にサインしないで送り返すと誓約したと言った。

議会で2007年12月11日火曜日に行われた新しいプレス法案の可決では、クルドのイラク人のジャーナリストの中で批評の嵐の引き金となった。

KJSは数カ月間に渡ってジャーナリストと議会の議員の中で議論され、請求の草案バージョンに追加された増加する罰金と制限された条項に反対した。

伝えられるところによれば、請求はジャーナリストのために罰金をIQD1000万までに規定する承認は、な不穏なセキュリティ、恐怖を広げるか、またはテロを奨励することなど、多くのあいまいな犯罪について有罪になる。またいくつかの報道では、新聞のための罰金がIQD2000万達することもできると書かれていた。

今回の請求前のバージョンは同様にあいまいな犯罪にはるかに低い罰金を定めていた。

議会での投票が地方のテレビで生きるのを見たジャーナリストによると、議会によって可決された法案は早い草稿には含まれていなかった、政府に新聞の修正権と最高位の編集者はKJSのメンバーであるという要件など、他の制限条項を含んでいる。

また、、プレスのメンバーが犯罪のために投獄を考慮し、他のイラク法の下でジャーナリストが裁かれることを許容すると言っている。

クルドはいつも、トルコ、イラン、イラクなど、どこか別の民族に振り回され続けている。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告