on-the-time.jp

12月25日

終い天神

毎月25日に開催される天満宮の縁日の締めくくりとして、師走の恒例神事になっている。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

また、「終い天神」は、久留米市や京都の北野天満宮が知られ、行事の締め くくりでもあり、露店が所狭しと立ち並び、 正月用の葉牡丹、荒巻鮭の露店や植木市も立ち、初天神とともに全国からの多くの参拝者で終日賑わう。

一方、国公立や私立の大学・高校・中学校等の入学試験を直前に控え、真剣な受験生、父母等の参拝も多く、合格祈祷を受けたり、絵馬に願い事を託す真摯な姿に学神である天満宮への篤い信仰を如実にみることができる。

天満宮の縁日は、御祭神菅原道真公の誕生日である6月25日、薨去である2月25日に因み、毎月25日に開催される。

日本人ならクリスマスより、「終い天神」かもしれない。

久留米市の北野天満宮のGoogle Earthポインター情報
33°20'37.02"N,130°35'4.61"E
または、
33.343617, 130.584614

京都の北野天満宮のGoogle Earthポインター情報
35° 1'52.75"N,135°44'6.44"E
または、
35.031319, 135.735122

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。