gaYa広告

12月23日

天皇誕生日

日本の国民の祝日の一つで、今上天皇(在位中の天皇)の誕生日を祝う日になる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

第2次世界大戦までは、天皇を神様として崇め、天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていたが、戦後、天皇は神様ではなく「日本国民統合の象徴」という新しい意味を持つようになり、天皇を神格化した行事では無く、天皇の誕生日を純粋に祝う祝日になった。
平成になってからは12月23日が天皇誕生日である。

「天長」は老子の「天長地久」よりとられ、唐の時代に玄宗皇帝の誕生日を「天長節」と祝った事に由来する。
中国では、天平元年(729年、中国暦開元17年)に「千秋節」と改められたが、20年後の天宝7年には「天長節」に改められた。

日本では宝亀6年(775年)の光仁天皇の時代、10月13日に「天長節の儀」が初めてとりおこなわれ、臣下は天皇の好物の酒を献上し、宴を賜ったことが記述されている。

是日天長大酺群臣献翫好酒食宴畢賜禄有差

十月十三日是朕生日毎至此辰威慶兼集宜令諸寺僧尼毎年是日転経行道海内諸国竝宜断屠内外百官賜酺宴一日仍名此日為天長節庶使廻斯功徳虔奉先慈以此慶情普被天下

このことは宝亀10年の記録にもある。

祝日としては、明治元年9月22日(1868年11月6日)に「天長節」として祝った。
太政官布告では明治元年9月26日(1868年11月10日)に、
「九月二十二日ハ聖上ノ御誕辰相当ニ付毎年此辰ヲ以テ群臣ニ酺宴ヲ賜ヒ天長節御執行相成天下ノ刑戮被差停候偏ニ衆庶ト御慶福ヲ共ニ被遊候思召ニ候間於庶民モ一同嘉節ヲ奉祝候様被仰出候事」と布達された。

明治6年(1873年)の太陽暦採用後は、11月3日に変更された。
明治6年10月14日の太政官布告によって国家の祝日と規定された。

皇后の誕生日は「地久節」というが、国家の祝日にはなっていない。

天皇誕生日は今上天皇を祝うため、天皇が崩御するたびに変更されてきている。
旧暦の9月22日は明治天皇の誕生日であったが、新暦の11月3日は現在の「文化の日」になっている。
また、昭和天皇の誕生日であった4月29日は、現在の「みどりの日」になっている。

現在のカレンダーには「天皇誕生日」と記載されているが、戦前までは「天皇」は神聖なものだから軽々しく使ってはいけないと禁止用語になっていた。
同時に天皇家の紋章「菊の紋章」の使用も厳しく規制されていた。

また、「帝国ホテル100年史 1890-1990」には、1903年11月3日に帝国ホテルで開かれた天長節夜会の食卓を描いた「天長節夜会之光景」の口絵とともにこのときに供された料理について書かれている。

一千有余名の来賓に充つる其献立の如何に按配され、厨人の如何に苦心せしやは、料理法に重きを置かるゝ者の等しく知らんと欲する処ならん。今其概要を説明せんに、
第一は生蠣及魚卵(ウィトル、カビア)の料理にて、生蠣はレモンの汁を湛え、カビアは魯西亜産鱒魚の卵の製したるものなり。
第二は冷製魚肉玉子掛汁及寒天寄物(マヨナイズ ド サモン アンギール ア ラゼリー)にて、冷製魚肉玉子掛汁は鮭の冷肉に玉子の黄身にて作りたる掛汁を添へ、寄物は鰻の肉をゼリーにて寄せしものなり。
第三の料理は雁肝冷製寄物(アスピック ド ホアグラ ド ストランボルグ)と云ひ、雁の肝をゼリーにて寄せたるもの、
第四は豚肉冷製寄物(ジャポン デコレ ア ラ ジェリーバアンド フルツ アッソルチ)にしてハムを寄せしもの、
第五は冷製混肉及冷製饂飩粉入鳥肉(パテ ド ジビィ ガランチン ドワライ)とて、混肉は軍鶏の肉へ豚の肉を砕きて詰めしもの、饂飩粉入り鳥肉は雉子の肉を用ひたるなり。
第六の松露入冷製鴫肉(ペカシントリッフェ)は仏蘭西松露を砕きて鴫の腹へ詰め、
第七の海老及混菜入洋菜(サラダアラルース サラダ ドオマー)は、野菜類及海老を用ひ、
第八の氷酒(ポンチ、ロヤル)は酒を氷結せしめしもの、
第九の牛酪製菓子及玉子入り製菓(バボロア ア ラシャンテー ブウダン アラ デプロマ)は牛乳の寄物にて、玉子入製菓は菓物を包みたり。
第十は三鞭入寒天寄冷菓(ジェリー オー フリイ ア ラシャンペン)にて、ゼリーに三鞭の入りし菓子、
第十一の牛酪製氷菓(ムース オー フレイズ)は菓物入の菓子なり、
第十二の挽茶及香入氷菓(グラスオー ティーグラス ア ラ ワニー)は、挽茶及香料入のアイスクリーム、
第十三の果実製菓(ガドー エ フルツ)は水菓子と干菓子なり。

天皇誕生日には皇居で一般参賀が行われ、午前の参賀では天皇陛下が、皇后陛下、皇太子同妃両殿下及び秋篠宮同妃両殿下とご一緒におおむね3回長和殿ベランダにお出ましになる。
参賀者は、午前9時30分から同11時20分までに、皇居正門(二重橋)から参入し、宮殿東庭の参賀会場を経て、坂下門、桔梗門、大手門、平川門又は北桔橋門から退出することとなっている。
午後の参賀では、宮殿において天皇誕生日の恒例の祝賀行事が行われ、天皇陛下始め皇族方のお出ましはなく、宮内庁庁舎前の特設記帳所において記帳又は名刺を受る。

また、天皇制に反発する意見が出ることでもよく知られ、Wikipediaの2008年12月22日(月)6時22分にWikipedia日本語版 の利用者であったH-guteが、天皇誕生日のページを編集し、殺人予告とも捉えられるような文章の書き込みが掲載されたこともあった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。