2007年12月04日

FCC委員長マーチンを電気椅子に向かわせるメディア所有権改革。

これまでにも大きな話題になっている「マスメディア集中排除の原則」緩和に向けたFCC(Federal Communications Commission)委員長ケビン・マーチン(Kevin Martin)の改革についてTVNewsdayは、見落とし公聴会として下院通商委員会(House Commerce Committee)の前で証言し、さらに別途上院でも「newspaper-broadcast crossownership rule(新聞と放送のクロス・オーナーシップ規則)」についての公聴会も計画されているが、それらはすべて、マーチン委員長の改革計画を減速させることが目的であると報告している。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

FCCインサイダーの中のコンセンサスは議長が譲歩しないということになっている。

TVNewsdayは情報筋からの情報として、議長の近くで「多くの圧力と多くの熱気」があるにもかかわらず、マーチン委員長に「これを完了させたがっている」と言っている。

この矛盾の中で、マーチン委員長は、5人の委員会メンバーの中で、たった1票しか持っていないという現実がある。

マーチン委員長は、彼の仲間委員である2人デボラ・テイラー・テイト(Deborah Taylor Tate)とロバート・マクドウェル(Robert McDowell)が票を提供し、大部分が通過できることを期待している。

民主党の委員マイケル・コープ(Michael Copps)とジョナサン・アデルシュティーン(Jonathan Adelstein)は、マーチン委員長が提案している所有権規則を緩和するのに反対している。

また、テイトとマクドウェルのサポートが重い議会の炎に焼かれ、色あせるかもしれないという推測も増加している。

1人の放送産業の観察者は、「それらのどちらも強い政治上の嵐に直面して、最も強いアシのようには見えない。」と、報告している。

委員テイトは、初期のFCC発言が2006年6月に呼吸が絶え、彼女は仕事を確保するために上院確認を必要とし、挫折しそうであると考えられている。

1人のFCCインサイダーは、「テイトには、別の発言機会が欲しいので、より多くの関心がほかにあることは明らかにある。」と言っている。

どの上院議員も保持をFCC指名に置くことができ、ビジネスを全くいじられないで、FCCがしたいと思う「newspaper-broadcast crossownership rule(新聞と放送のクロス・オーナーシップ規則)」であり、テイトとマクドウェルがマーチンを捨てるように圧力をかけられ、彼らは、圧力の外でマーチン委員長のそばに少ししか立ち始めないようになり始めていると報告している。

もし、テイトとマクドウェルのどちらかが、マーチンを捨てると、5票に中で2票以下になり、すべての思惑が頓挫することになる。

非常に厳しい立場にマーチン委員長が追いやられることになる。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告