2007年12月04日

中国に熱烈歓迎されたオリンピック・レポーター。

ABC Newsは、メディア人権団体が共産主義体制はゲームだけに固定しようとしているとクレームを付けたところ、中国政府は2007年12月4日に、北京オリンピックをカバーするすべてのジャーナリストを歓迎すると言ったと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

フランスのRSF(Reporters Without Borders/国境なき記者団)は先週の公開状で、中国当局が8月に出席すると予想された何万人ものジャーナリストに対応するために導入する方法に関して、「不穏なレポート(disturbing reports)」を引用し、それには、2007年8月25日から北京で始まるゲームの計画も含まれ、中国国家オリンピック委員会によって信任されたとしても、反対すれば告訴され、投獄されると指摘していた。

中国の外務省秦剛(Qin Gang)報道官は、パリを拠点とするグループがサービスを提供し、繰り返され、中国が望むことを一貫して北京で攻撃に着手し、「適用範囲を容認」したと言っている。

「中国政府は、その人々はオリンピックのゲームをカバーして、公正で客観的な方法で中国を覆うために世界中から来るレポーターを心から歓迎します。」と言っている。

オリンピックは中国国家のプライドの膨大な源で、局は何も北京のイメージを損なわないことを確実にするために苦労している。

先月広く否定された中国の当局はデータベースは、オリンピックをカバーするのを計画している外国人のジャーナリストの上に保たれていたというレポートを発表した。

中国が、何かを不穏なことをしようとすると、世界の常識人が一斉に攻撃する体制が整い始めているが、まだまだ解決すべき問題は山積といえる。

RSFのロバート・メナード(Robert Menard)は、「北京オリンピックのオーガナイザーと中国の公安組織は、ゲームの前とゲーム間、非常にしっかりとジャーナリストを監督すると決めたことが、どんどん明確になっている。」と指摘している。

中国の考え方は、オリンピックを取材しに来たジャーナリスト以外のジャーナリストは、歓迎していないのだろう。

ただし、オリンピックの取材かどうかを判断するのは、北京オリンピックのオーガナイザーと中国の公安組織である。

気に入らなければ、オリンピックを取材しに来たジャーナリスト以外ということになる。

それもオリンピックが始まる前と、開催中だけ!中国は熱烈歓迎!
オリンピックが終わった後は、元通りになるかもしれない。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト